Camekichi 写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

2011年07月

4
 3月に発売になり、人気があったので再発売となったスプーンで食べるロールケーキ。
 おいしいけど、個人的には、宇治抹茶ケーキの方が好きだなぁ…。抹茶は期間限定なのが残念。定番化してほしい。

3
 SONYの新型ミラーレス機NEX-7は、2,400万画素センサーでありながら、高感度に強く、ISO100-25600対応。超高速コントラストAF、300万ドット有機EL内蔵EVF、ポップアップフラッシュ内蔵…という噂が出ている。

 最近、いろんなところで情報が出てくるが、SONYのAPS-C型の次期センサーの主力は2,400万画素になるようだ。今現在の主力は、α55、NEX-C3、D7000、K-5で使われている1,600万画素センサーだが、ここから、一気に2,000万画素超へと進化する。かなりの高画素化であるが、高感度画質は、よいらしい。近頃のSONY製センサーは、極めて評判がよいので、期待はできる。レンズのことを考えると、空恐ろしいが、SONYの技術には舌を巻く。

 SONY機のコントラストAFも、もともと高速だが、PanasonicやOLYMPUSのミラーレス機のAFは、爆速なので、SONYも、相当力を入れて開発しているので、おそらく、びっくりするほどのレベルに仕上げてくるだろう。

 ただし、NEXは、APS-C型であることが、諸刃の剣であることを忘れてはならない。センサーが大きければ、当然のごとく、画質的にフォーサーズよりも有利であるが、望遠になればなるほど、レンズは大きくなる。この辺をSONYは、どう考えているのだろう。未だ望遠ズームの発表はない。

 そういう意味では、1/2.3型のPENTAX Qや、Nikonの1インチ型のミラーレス機は、DSRL機がメインのメーカーとしては、賢い選択かもしれない。Canonの動向が気になる。 

1
 蒸し暑さはあるものの、ギラギラ太陽がないと、夏の気分を味わえない。なんだか梅雨のような天気だ。暑いのは嫌だけど、やはり、夏は夏らしくないと…。早く、夏らしい一枚を撮りたいものだ。

 日本に先駆けて、欧州で、E-PL3が8月中旬に発売となるらしい。 M.ZD 40-150mm F3.5-5.6 Ⅱ Rの方は、まだなのか、ダブルズームは用意されていない模様。レンズキットの価格は、599ユーロ(約66,358円
)。

11
 前々から食べたかった、ミスドの「エンゼルテディーパン」。家内と次男が誕生日ということで、買ってきた。クマごとに、顔が微妙に違うのが楽しい。味は、もちろん、ミスドだから、お・い・し・い。2

↑このページのトップヘ