Camekichi 写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

2011年08月

1
 職場のデスクに置いてある卓上時計。
 邪魔にならない程度のコンパクトさで、職場に置いておくので、安物でもよい…というわけで、ダイソーで買ってきた時計は、端からでたらめな時を刻み、全く役に立たず、結局、ホームセンターで見つけた、トラベルウォッチにした。やはり時計は100円ではダメか…。
 この時計は、さすがはSEIKOで、電波時計ではないが、極めて正確で、重宝している。 薄型なので、ボタン電池というところが、ちょっと引っかかったが、そんなに電気を消耗するわけでもないので、よしとしよう。

1
 夏季休暇も終わって、仕事も、出力全開、忙しい毎日が続いている。仕事に追いかけられないで、こちらから追いかけるくらいにしたい…と常々思っているが、結局いつも、追いまくられている。
 ここのところ、珍しく毎日更新している、
このブログも、この忙しさで、間もなく滞りそう…(^_^;)。

 モモとかりんも、すっかりなかよし…のようだ。相変わらず、早朝(深夜?)から、追いかけっこの大運動会は続いているが、こうして、なかよく外を眺める時間も。自分の寝床を取られても、ちょっと臆病なクロは、じっと遠くから見ている。ネコ主導の我が家である。
1

1
 最近、すっかり慣れたかりんちゃん。すり寄ってくるので、なでていると、ゴロゴロのどを鳴らす。ベッドに上がってきて、すぐ横で、ごろんとひっくり返るまでになった。かわいいものだ。
 最初は、カメラを向けるだけで、「シャーッ~。」と怒っていたが、この頃は撮られ放題。

 HX9Vは、画質云々を語る機種ではないが、非常によいカメラだ。そこそこ写って、何よりも、シャッターチャンスをモノにする点で、私にとっては、なくてはならない存在である。

 先日発表されたSONY NEX-7は、デザインがすばらしく、とってもかっこよい。ファインダー内蔵なのも魅力的だが、2,430万画素なのが、いかにも残念でならない。

 ISO16000止まりで、高感度画質もイマイチ。画素ピッチがきつきつで、F8でも回折現象が起きるとか、そもそも、2,400万画素に、まともに対応できる、Eマウントレンズが、何本あるのだろうか。バッファーが少なすぎて、せっかく高速レスポンスも、生かし切れない。

 これは、α77にもα65にも言えることで、SONYは意地で2,000万画素超のセンサーを作ったとしか思えない。これが、非常に評判のよい1,600万画素センサーを使えば、α77も、α65も、NEX-7も、馬鹿売れしたのではないかと思える。SONYの考えていることは、よう分からん。α900の失敗を、全く生かし切れていない。

 2,400万画素を作りたいなら、それは、たとえばα90として、α77、α65、NEXは、すべて1,600万画素で行くべきだろう。

 …ということで、私が非常に興味を持っているのは、NEX-5N。この画質は、非常にすばらしい。OLYMPUSで、システムを構築してしまったので、NEXに移行するのは、今のところ、ちょっと難しいが、D7000よりは、間違いなくよく、K-5よりも、よいのではないか…というすばらしい高感度画質にメロメロである。
2

↑このページのトップヘ