Camekichi 写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

2013年06月


 最盛期はとっくに過ぎていましたが、千葉公園のオオガハスを見にやってきました。

 E-P5で気になることは、起動がやたら遅いこと。電源を入れて5秒は使えません。OM-DやE-PL5では、こういうことがなかったので、たぶんWi-Fiのせいだと思うのですが、Wi-Fiをどう切っていいのかわからないので、ヨドバシカメラにいたOLYMPUSの社員に聞いてみましたが、わからず…結局カスタマーセンターに聞いてみてくださいということなので、諦めて帰ってきたら、なぜか、Wi-Fiが切れてました。…いじくっているうちに、Wi-Fi機能が切れたらしいのですが、どうして切れたかはわからず…。


 フィルター機能は他社機にも搭載されていますが、OLYMPUSのアートフィルターが圧倒的によくできています。
 アートフィルターは、普段の何気ない風景を印象的に仕上げてくれ、何を撮っても楽しくなりますね。私はアートフィルターブラケットを使い、後でいいな…と思った画像を選択するようにしています。アートフィルターブラケットはE-P3から使えるようになった機能で、非常に便利です。


 OLMPUS PEN Lite E-PL5は、最近このブログでは登場しませんでしたが、職場では毎日使用していました。仕事上なくてはならない存在で、ほぼPanasonic G X VARIO 35-100mm F2.8を付けっぱなしです。たまにLEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4を使う程度です。

 職場ではE-P5も、たぶん同じような使い方になると思いますが、仕事上、ミラーレス機が必要不可欠であることに変わりはありません。ミラーレス機が必要となる理由は、ずばりその大きさです。その点では、Kiss X7の登場により、Kiss X7を使用してもよいのですが、明るいレンズが不可欠で、70-200mm F2.8を付けると、結局仰々しくなってしまいます。

…というわけで、職場ではE-P5が、E-PL5の代わりに活躍してくれることでしょう。新機種なので、しばらくは、プライベートでも使っていきたいと思います。


 予約時に相当悩んだのですけど、ビューファインダ-にシルバーモデルが用意されないということで、トータルコーディネートで考えて、E-P5のボディーカラーはブラックにしました。…人様のE-P5を見ると、「やっぱりシルバーにしておけばよかったか…。」と、未練もあります。

 ボディーに刻み込まれた「OLYMPUS PEN」の刻印が、とてもいい感じです。一世を風靡したフィルムPENの正統進化系で、一眼レフでは気軽に切り取れない日常を軽快にスナップする、まさしくPENのコンセプトを受け継いだカメラです。

 シャッタースピード1/8000秒、ISO100対応、ボディー内5軸手ブレ補正、高速レリーズタイムラグモード、2×2ダイヤルコントロール、スモールターゲットAF、スーパースポットAF、…等々、進化したところも多いのですが、これらは、どこの記事でも述べられていることなので、私のファーストレビューとしては、シャッターのキレについて述べてみたいと思います。

 E-P1のシャッターは「ムンギュ」、E-P3やE-PL5では「ムギュッ」という感じといったら、わかりやすいでしょうか…私の感覚では、そんなイメージなんです。確かにFAST AFは伊達ではなく、コントラストAFとしては、かなり高速で、OM-DやE-PL5でもストレスは少なかったですが、Canonの位相差AFに比べれば、まだまだ遠く及ばず、キレの悪さがありました。それに対して、E-P5は全く異なっていて「シャキッ」という、実にキレのよいシャッターです。これが、E-P5を触って、初めて感じた大きな違いなんです。実に気持ちのよいシャッターです。

 …そうなんです。E-P5は、一言で言うと「気持ちのよいカメラ」なんですね。1/8000秒、ISO100に対応したことで、何の躊躇なく絞りも開けられ、これもまた気持ちがよいですし、5軸手ブレ補正で、非常にぶれにくい気持ちよさがあります。スモールターゲットAFやスーパースポットAFのおかげで、ピントが背景に抜けにくい気持ちよさも。

↑このページのトップヘ