Camekichi 写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

2014年06月


 画質、操作性、携帯性…等々、諸々のことを考えると、最もバランスがよいのは、やはりマイクロフォーサーズになってしまいます。FUJIFILM のXシリーズは非常によいのですが、やはり操作性がね…。AFフレームの数が微妙に少なかったり、AFフレームを動かすのも微妙にやりにくかったり、タッチパネルが使えなかったり、AFも微妙に遅かったり、合わなかったり…と、OLYMPUSの方が一歩も二歩も先を行ってます。

 TAMRONの14-150mm F3.5-5.8は、色もこってり系? 画質もそんなに悪くありません。ボケも自然な感じ。さすが、高倍率を作り続けているTAMRONですね。Made in Japanだしね。

 広角側では結構寄れない感じはあるんですが、最短距離は全域50cm なので、望遠側にすれば、Macro的にも使えます。文字通り万能レンズ。


 なんか週末の天気が悪くて困りますな。パラパラっと来たり、晴れ間が見えたり、変な天気でしたが、夕方、ちょこっとアジサイを見に行って来ました。天気がイマイチだは、日が当たらないは…で、あんまり気乗りしないので、高倍率レンズ一本で出かけてきました。

 TAMRON の14-150mmは、高倍率にしては、なかなかいいレンズです。純正よりは間違いなくいいですね。純正は広角側がダメダメでしたし、如何せんちゃちいですから。選択肢は、このTAMRONか、Panasonicかですね。

 そうそう、OLYMPUS機の持病のシャッターブレは、ようやく対策が施されました。低振動モードに0秒が追加され、1/320秒までは電子先幕シャッターとなり、シャッターブレを回避できるようになりました。OM-D E-M10にも新ファームウェアに搭載済です。


 何でも試してみないとわからないので、室内で高倍率を。ISO25600まで上がってしまいました。さすがにフォーサーズだとこれは厳しいですね。…でもよく写ります。センサーサイズを考えたらビックリです。

 


 TAMRON発のマイクロフォーサーズ用高倍率レンズです。純正の14-150mmが酷い描写なので、TAMRON製を待ち望んでいました。

 非常にコンパクトながら、300mm相当でもF5.8に抑えたのは立派。VCが搭載されていないことに落胆の声も聞かれますけど、Panasonic機を使わない私にとっては余計な機構が省かれて、逆に喜んでいます。その分、コンパクト化、軽量化されますからね。

 デザインは、いかにもTAMRONといった感じですが、チープさは全くありません。レンズキャップも、新しいデザインで、とてもかっこいいです。望遠側に鏡筒を伸ばしても、間延びした感じはなく、非常にバランスがよいです。



by OLYMPUS STYLUS TG-3

↑このページのトップヘ