Camekichi 写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

2014年10月


 「Canonに下克上はない」というのが定説ですが、AF性能においても、やはり掟破りはありませんでした。前評判では、EOS-1D Xに迫るAFとも、超えるとも言われていましたが、実際に使ってみるとEOS 5D Mark IIIにも及びません。EOS 70Dと比較すれば数段上を行く感じですが、それは決してEOS 5D Mark IIIを超えるものではありません。感覚的には70D<<<<<7D Mark II<<5D Mark III というものです。


 FUJIFILM X-T1をほぼシステムごと、Canon EOS 7D Mark IIへ乗り換えました。Xシステムが高額で売れたので、追い金4,800円で済みました。XF35mm F1.4 R、XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS を入れると、下取り額がオーバーとなってしまうので、この2本は残しました。XF35mm F1.4 Rは神レンズですしね。FUJIFILM機の発色が好きなので、廉価版のX-A1で運用する予定。

 FUJIFILM X-T1は、レンズ交換式Xシリーズの中でも、最も高速なカメラですが、それでも、お祭りなどを撮っていると、AFが追い付かないシーンが多発。

 …やっぱりレフ機でないとダメか…と思うも、Canon EOS 70Dは、AFがダメで、中央の測距点以外は使えないレベル。キヤノンの中級機はイマイチ信用できないので、Canon EOS 7D Mark IIもどうかなぁ…と懐疑的だったのですが、ネット上では、絶賛の嵐。もともと、Nikon D300Sの後継機を待ち焦がれていた私としては、Canon EOS 7D Mark IIこそが、Nikon D300Sの真の後継機ではないかとも思い、購入を決断。高感度もそこそこいけるようですし、像面位相差AFもかなり高速なので、まずまず使えるカメラかと思います。

 Nikonの方は、D300Sクラスのカメラは出てきませんね。D90、D7000、D7100系は、イマイチ力不足で、D300系を待っている方は多いかと思いますけど、Nikonはフルサイズに傾注していて、もうD300S後継機は出てこないのかもしれません。

 Canon EOS 7D Mark IIの出現により、イメージモンスターも第二ステージへ。 


 今日は館山へ行く予定でしたが、二の足を踏んでしまいました。遠いので、何が何でも行くという強い意志がないとダメです。








 レンズシャッターなので、開放絞りだとシャッタースピードが 1/1000秒までという制限があります。絞りを開けたいときは、NDフィルターを使います。




 FUJIFILM X20は、センサーはFUJIFILM XQ1と同じですが、似て非なるもの。XQ1の方は、ファインダーを廃して、できる限り小型化したカメラです。XQ1もよく写りますが、X20には敵いません。写真はレンズで決まると言いますが真にそのとおり。レンズがよいと、2/3型でも非常によく写りますね。X20に搭載されているレンズは、大変よくできていて、さすがはFUJIFILMです。動物写真家の小原怜先生が強く推していますが、使ってみるとなるほど納得できます。

 XQ1を購入するときに、X20とずいぶん迷ったのですが、コンパクトであることを優先してしまい、XQ1の方を選択したのですが、大きく後悔しました。やっぱりレンズです。レンズを優先すべきですね。XQ1の方は今や極限まで安くなっていますので、軽量コンパクトと画質を両立させたい方にはオススメできます。画質優先なら、間違いなくX20かX30です。X20は生産終了となっていますので、店頭にあるだけですが、こちらも極限まで安くなっています。私は、XQ1から買い換えで、ヤマダ電機で在庫処分のX20を最安値で購入できました。

 小さいセンサーですから、APS-CサイズのXシリーズには敵うべくもありませんが、ISO2000でも、これくらいには写ります。最望遠側でもF2.8という明るいレンズですから、感度もそれほど上げる必要もなく、それこそペット撮りにはよいカメラです。 

↑このページのトップヘ