Came吉写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

2014年11月


 予報どおりになってしまい(?)、今日は1日冴えない天気でした。午後3時以降は、結構日が差していました(これも予報どおり)が、今日のロケ地は谷間だったので、この季節は太陽高度が低く、日差しが届かず…( ̄□ ̄;)。「最近の天気予報は精度がいい…。」と思いつつも、日差しが降り注いでくれないと、テンションは下がりまくりです。こんなことなら、昨日、無理してでも、ここに来ればよかったと激しく後悔。リタイヤ組なら、天気が回復したらまた来ればよいのですけど、現役組なので、週末しか身動きができず今度来るときは、また来年です( ̄□ ̄;)。

 写真も冴えない色のもの連発でしたけど、カメラが優秀なので、そこそこ見られるものがありました。FUJIFILM X-T1だと、もっとよい結果が出たでしょうけど、Canon EOS 7D Mark IIもなかなかのレベルにあります。昔のデジタルカメラは、ダイナミックレンジが狭くて、曇りでは空がすぐにぶっ飛んでしまいましたけど、最近のカメラはよくできていて、結構粘ってくれます。 


 iPhoneのカメラは、相当優秀なので、これで十分満足する方は多いでしょうね。カメラ付き携帯…昔のガラケーの写真はイマイチでしたけど、いまどきのスマートフォンで撮った写真は、なかなかのレベルにあり侮れません。発色もよく、露出もよく、解像感も高いですし、ノイズも少ない、新型が出るたびに、著しく性能を上げています。

 一方、スマートフォンの普及に合わせるように、コンパクトカメラの売り上げは激減。観光地でも、スマートフォンで撮っている方は相当な数です。タブレットで撮っている方も不自然でないくらい普通の光景になっています。そりゃそうでしょう。荷物になるのに、わざわざカメラを持ち歩くというのは、気持ちにパワーがいりますもんね。普通に撮る分にはスマートフォンのカメラで十分。弱点は、光学ズームができないことくらいでしょうね。

 私もそうですけど、重たい一眼レフを2台も首から肩からぶら下げている方でも、スマートフォンでも撮っていることをよく見ますよね。SNS用というのもあるでしょうけど、純粋に、スマートフォンでも撮っておこうという気持ちになります。写真にこだわりにある人でも、満足がいくくらい画質がよいことと、意外にスマートフォンで撮ったものが結果がよい…ということもあります。結構ラフに撮れるところが結果につながることがあるからです。

 ファインダー…つまり液晶画面が大きいので、構図が取りやすいということもあります。だからこそ、タブレットで撮るんでしょうね。私は、タブレットで撮ることは殆どありませんけど、ファインダーが大きいというのは、素直に大きな魅力です。











 ボジョレー・ヌーヴォー解禁ということで買ってきました。私はドイツワイン派なので、フランスワインはあまり飲まないのですが、ラジオを聞いていたら、ボジョレー解禁のニュース。勢いで買ってしまいました。ただいま呑んだくれています^_^;。
 …シャッタースピードを1/500秒に設定しておいて、またまた戻し忘れ…ISO16000になってしまいました( ̄□ ̄;)。 


 只者じゃないのは…猫じゃないですよ。Canon EOS 7D Mark IIとEF-S 55-250mm F4-5.6 IS STMのことです。
 


 イチョウの黄葉の真っ盛りの頃に出会うことが少なくて残念。見頃になると、どんどん葉を落としていってしまうので、いつもピークを逃してしまいます。

↑このページのトップヘ