3
 新しいカメラが発表され、発売される。
 新しい技術が詰め込まれ、華々しい姿をあらわにしているが、結局、条件が同じなら「撮像素子の大きい方が画質がよい」という当たり前すぎる現実が突きつけられる。
  センサーが大きくなれば、ボディーもレンズも大きく、重くなる。もうしばらくは、アリーナでの撮影の仕事も続くので、でかいカメラを使わざるを得ないが、リタイヤしたら、せいぜいAPS-C型の小型機で、普段はマイクロフォーサーズ機などで気楽に撮りたいと思う。