今日のネコs。

 FUJIFILM X100sが発売となりました。外観はFinePix X100から変更がほとんどありませんが、中身は一新。

 大きくは、新開発のセンサーX-Trans CMOSⅡ、起動0.5秒、0.08秒AF、シャッタータイムラグ0.01秒、236万ドットのEVF搭載…ということになりますが、私が注目していたのは、位相差とコントラストのハイブリッドAF、EXR ProcessorⅡによる、高速レスポンスです。

 X100の方は、結局、私の仕事での使用に耐えられなかったのですが、X100sは、OLYMPUS機ほど俊敏ではないものの、場面を選べば十分仕事にも使えます。確実に速くなっているということが実感されます。

 …まあ、FUJIFILMのカメラにレスポンスは、あまり期待をしていません。FUJIFILM機を買うのは、その画づくりが故ですから。