FUJIFILM XF 35mm F1.4 Rは、XFレンズの中でも神レベルの単玉で、このレンズを使うためだけに、Xシリーズのボディーを手に入れるのも十分に「あり」です。何でもない風景でも、画になってしまう、ボケの美しさと、開放からキレキレのピント面。この立体感のすばらしさは、筆舌に尽くしがたいレベルにあります。
 これも、FUJIFILMの卓越した画像処理技術との合わせ技で、FUJIFILMの発色あってのレンズですが、このレンズを使ってしまうと、正直、もうズームを使う気がなくなってしまいます。
 FUJIFILMの弱点はAFだけなので、ここにターゲーットを絞って、研究開発していただければと思います。AFがCanonレベルまで上がれば、すべてを投げ捨てて、FUJIFILMと心中したいです。