EOS Rのデザイン
 今日は、デザインのお話。
 みなさん、EOS Rのデザインは好みですか?IMG_2638
 私は、フルサイズミラーレスでは、SONY α7 IIIのデザインが一番好きです。
 EOS Rは、というと、どちらかというとそんなに好きではありません。実は、このデザインも、すぐに食指が動かなかった理由の一つになっています。

 なぜ好きでないかということを改めて考えみましたが、一言で言うと「野暮ったい」。この「野暮ったさ」は、軍艦部のEVFの出っ張りと軍艦部から下の長さがの比のバランスの悪さから来ていると思います。
IMG_2636
  ペンタプリズムやペンタミラーがないので、この大きさなのは仕方がないとして、全体的にボテっとした感じからスッキリ見せるためのデザインにできなかったのかな…と思います。

 SONY α7 IIIは、この辺のバランスがよくスッキリしています。しかし、バランスが良い代わりにグリップでは、小指が余ってしまうんですね…よりコンパクトにということを優先させた結果、グリップの実用性を削いでしまったところはあります。EOS Rは、小指までしっかり入るので、実用性は高いです。

 Canonの場合、EVFの出っ張りをレンズ側に、段々と細くなるようになだらかにしてありますので、ここをもうちょっと誇張した方が、全体のバランスは良くなるのではないかと思います。
IMG_2637
 Canonのデザインの方が、何度も何度も検討を重ね、シミュレートした上で、決済をもらってゴーなので、私ごときがとやかく言うことではないのですが、野暮ったいデザイン…というのが私の感想です。これは好みですからね。SONY α7 IIIの方が断然好きです。

 製品って、実用性が第一で、カメラの場合、美しく写る、シャッターチャンスを逃さない、しっかりグリップできる、といった面が一番大切なのですが、いわゆる所有欲ー持っていて楽しい、心地よいという感覚も大切です。

 まあ、どうでも良いことですけど、私は、使わないときテーブルに置くカメラの向きにもこだわっています。EOS Rの場合は、グリップ側、シャッターボタンを自分に近い方に向けて置いています。この向きのEOS Rが好きだからです。
IMG_2641
 今日は、デザインという、どうでもよいお話でした。

今日のねこ
 押入れの中で一晩過ごすネコ。

 家内は4日(金)から、私は7日(月)から仕事です。15日(火)から仕事という人もいるようですが、いざ仕事が始まると、正月気分はすっかり抜けて、今年度後期後半がスタートしました。

 仕事が忙しくなると、プライベートでの撮影もほとんどできなくなりますが、EOS Rは、仕事で結構使います。仕事上で使っていると、また新たな発見もあると思うので、また記事にしていきたいと思います。