子ども撮りは液晶モニターでライブビュー

 子どもを近くで撮るときは、ノーファインダーで撮ることがどうしても多くなります。ファインダーを覗いていると、どうしても視界が狭くなって、全体の様子が把握できなくなるし、子どもとのコミュニケーションが取りにくくなるからです。
 AFはもちろん顔認識です。縦位置もバリアングルで、ストレスフリーです。






 Canonの肌色再現性は素晴らしいですね。やはり人物はCanonです。
 ホントは SS 1/500秒 は欲しかったのですが、F4通しの明るくないレンズなので、感度を抑えるために、SS 1/200秒とし、感度は ISO4000 になってしまいますが、それでも十分綺麗ですね。
 高速でバッチリなフォーカシング、極めて安定したAWB、素晴らしい発色、自由な角度で撮れるバリアングル液晶…の EOS R のおかげで撮影を楽しむことができました。