EOS R で子どもは楽に撮れるか検証



 結論から言うと、子どもがちょろちょろ動き回る程度なら、EOS Rでも全く問題ありません。動きモノは、EOS 80D や EOS 5D Mark IVの方が確実っちゃ確実でしょうが、子どもを撮るのはノーファインダーの方が撮りやすいので、EOS Rは便利ですね。バリアングル液晶なので、縦撮りもお手の物ですしね。

 設定は、瞳AF、SERVO、高速連写にしてあります。









 ただ、顔認識、リアルタイム瞳AFは、SONY α7 IIIの方が格段に優れているので、簡単なのは、EOS R よりも α7 III の方ですね。子どもの記録を撮るのに、EOS R と α7 IIIとどちらがいいかと問われたら、α7 IIIと答えてしまうでしょうね。

 α7 III が8割打者なら、EOS R は7割打者なのです。