EF-M 18-150mm F3.5-6.3 IS STM 一本勝負

 日帰りの小旅行。ネコのいるイングリッシュガーデンに行ってきました。EOS M6 Mark II の試写ロケですね。今回は敢えて、高倍率キットレンズの EF-M 18-150mm F3.5-6.3 IS STM のみで撮ってきました。






 画質の良し悪しは、もちろん客観的な部分もありますが、そこには個人の感じ方、好みの要素も含まれますので、実際の写真をご覧になって、判断いただければと思います。等倍にして見ることもできますので、細部までチェックすることもできます。
 私は、十二分に高画質だと思いました。画質面でも満足度は高いです。

Canon EOS M6 Mark II の操作性

IMG_5799

 前のレポートでも述べましたが、EOS M6 Mark II の操作性は、なかなかよいです。とかく、エントリー機と謳っているカメラは、ボタン、ダイヤルの数が最小限となっていて、操作性が犠牲になっているものですが、EOS M6 Mark II については、そんなこともなく、ボタンもダイヤルも充実していて、高い操作性を誇っています。

IMG_5803

 メイン電子ダイヤル、サブ電子ダイヤルの他に、コントロールホイールもあって、それぞれが役割分担でき、非常にスムーズに様々な設定することができます。ダイヤルファンクションボタンも、よいですね。これを押すと、変更可能な項目の一覧が表示され、素早く選択することができます。

 キヤノンは、タッチパネルによる操作も快適で、タッチAFやタッチシャッターだけでなく、メニューも全てタッチで選択できます。SONY機は、タッチパネルが中途半端で、この点においては、断然キヤノンの方が上ですね。







EOS M6 Mark II のAF設定

 AF方式が4種類しかないのは、ちょっと寂しいですが、まあ、個人的にはさほど不便にも感じてはいません。普段 EOS R を使っているので、領域拡大、ラージゾーンがあると、さらに便利になるのにな…と、ちらっと思います。

 私は、シャッターボタンの脇のM-Fnボタンも多用する(AF方式の変更…AFフレームボタンを押した後で、M-Fnを押すと、AF方式を変更できます)のですが、EOS M6 Mark II のM-Fnボタンは、フラットで、ファインダーを覗いたままだと、どこにあるのか、イマイチわかりません。もうちょっと出っ張らせて欲しかったです。こういうのって、実際使ってみないと分からないもんです。



 猫は、ちょこちょこ動くので、さささっと、AF方式、AFポイントを選択しないと、シャッターチャンスを逃してしまうので、操作性のよさが大事。EOS M6 Mark IIは、ちゃんと応えてくれるカメラです。

 ただ、動物対応の瞳AFがあれば、もっと楽になります。この点、SONYの圧勝。猫撮りなら、SONY αですね^^;。キヤノンも動物対応の瞳AFを搭載して欲しい。