おすすめレンズ

 EOS M6 Mark II に合うおすすめレンズを1本だけ選ぶとしたら、これでしょうな…。



 ⇧ぜひクリックして、等倍まで拡大してみてください。すばらしい描写力が堪能できます。

 EF-M 32mm F1.4 STM。これはめちゃくちゃいい。EF-M で最強のレンズです。
 何しろF1.4という大口径で、このコンパクトさ、軽さで、すばらしい写り。ボケ味も美しい。

 いうことないでしょ。キヤノンのレンズって、SONYのそれとは違って、結構寄れるんですよね。撮影距離は0.23mから。最高撮影倍率は0.25倍で、簡易マクロっぽくも使えます。
 SONYのレンズって、寄れないものが多くて、ホント使いにくい。せっかくボケるレンズなのに、寄れないってどうなの? 

 EF-Mマウントのカメラを持っている方には、絶対おすすめしたいレンズです。

 EF-Mマウントのカメラに付けるレンズとして1本目…となると、どうしてもEF-M 18-55mm F3.5-5.6 IS STM、EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM、EF-M 18-150mm F3.5-6.3 IS STM あたりになってしまうのですが、2本目は、ぜひ、EF-M 32mm F1.4 STMを。

 ちなみに、EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM、EF-M 18-150mm F3.5-6.3 IS STM は、3,000万画素超だと力不足の感がどうしても拭えません。中心部はともかくも、周辺画質まで考えると、やはり絞って使うべきですね。EOS M6 Mark II はレンズを選ぶカメラだと感じています。

 EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM、EF-M 18-150mm F3.5-6.3 IS STM が EOS M6 Mark II で普通に使えないレベルということではないですからね。私も、普通にスナップに使っています。画質を追求すると、ということで、お考えください。

 APS-Cサイズで 3,000万画素超ですから、レンズを選ぶボディーというのは当然です。

明るいレンズは万能

 フィルム時代、デジタルカメラ初期は、高感度撮影に限界がありましたから、シャッタースピードを稼ぎたいときは、フラッシュを炊く、なるべく明るいレンズを使うことが必須でした。
 描写力、美しいボケを求めて、明るめのレンズを使うのはもちろんのこと、今でも、明るいレンズは、暗いシチュエーションで、絶対の力を発揮します。





 非常にシャープで、ボケも綺麗ですよね。使っていて、実に楽しいレンズです。
 いろんな意味で、EF-M 32mm F1.4 STMは便利なレンズです。