Camekichi 写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

タグ:14-42mm

川のいろいろな表情
 住んでいるところは、ド田舎なので、こういう風景は見慣れていますけど、好きです。

 同じカットでも、アートフィルターによって、いろんな表情があり、楽しいですね。アートフィルターブラケットで撮ってます。
















OLYMPUSの十八番
 OLYMPUSの得意とするところは、いろいろあれど、このフィルター機能を外すことはできないでしょう。他社のフィルター機能は、どれもイマイチなんですね。ことにNikon、Canonは下手くそです。RICOHとかは嫌いじゃありません。








本日のネコ
 毎回ネコばかりですが、他に撮るものもないので…。

 OLYMPUS もとっても好きなカメラメーカーで、まあ、これまでに買った機種は、フィルム機を含めて計り知れず。よくもまあ、これだけ魅力的なカメラを世に送り出してくれるものです。

 E-M1も、E-M5 Mark IIも素晴らしいカメラですが、このE-M10 Mark IIも大変に素晴らしいカメラに仕上がっています。ハイレゾショット、バリアングル液晶、防塵・防滴、…にこだわりがなければ、E-M10 Mark IIがいいのでは。軽量でコンパクトですからね。E-M10 Mark IIは、本来のマイクロフォーサーズのあるべき姿だと思うのです。

 E-M1に至っては、もはやマイクロフォーサーズの最大のメリット…軽量・コンパクトを完全にスポイルしてしまっています。あれはあれでいいんですけどね。ああいう機種があってもいい。300mm F4とか、40-150mm F2.8のようなレンズを付けるには、必要なボディですから。

 いずれにしても、E-M1、E-M5、E-M10それぞれに存在価値があり、今後の展開に注目です。すでにE-M1 Mark IIの噂が流れており、楽しみにしています。


 Canon EOS 7Dがディスコンになっている模様。
 2009年10月発売なので、デジモノとしてはかなり息の長い製品でしたが、Nikon D300S と比べると、かなりAF性能が低く、どうしてこういうものを買う人が多いのか理解に苦しむ不思議なカメラでした。

 Canon EOS 70Dを購入してみて、やはりAF性能が酷く、Canon のAPS-C型機への信頼は地の底へ落ちましたが、Canon EOS 7D の後継機は、AF周りが大幅に改良され、Canon EOS 5D Mark IIIレベルまで上がればいいのですが…。Canon の画づくりは好きなので期待しています。

↑このページのトップヘ