房総ねこの写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

タグ:32mm

今年もよろしくお願いします

 最近、ブログ記事のUPが滞りがちで、昨年もまたそうでしたが、今年は、もう少し頑張りたいと思います。近いうちに、最近購入したCanon EOS 90D のレビューを書きたいと思っています。



 我が家の雑煮は、毎年同じですけど、はばのりと青のり。私の実家は鴨肉でしたけど、この地に来てからは27年間、専らこれですね。



 EF-M 32mm F1.4 STM はマジでいいレンズです。EF-Mマウントのカメラを使うなら必須でしょう。

おすすめレンズ

 EOS M6 Mark II に合うおすすめレンズを1本だけ選ぶとしたら、これでしょうな…。



 ⇧ぜひクリックして、等倍まで拡大してみてください。すばらしい描写力が堪能できます。

 EF-M 32mm F1.4 STM。これはめちゃくちゃいい。EF-M で最強のレンズです。
 何しろF1.4という大口径で、このコンパクトさ、軽さで、すばらしい写り。ボケ味も美しい。

 いうことないでしょ。キヤノンのレンズって、SONYのそれとは違って、結構寄れるんですよね。撮影距離は0.23mから。最高撮影倍率は0.25倍で、簡易マクロっぽくも使えます。
 SONYのレンズって、寄れないものが多くて、ホント使いにくい。せっかくボケるレンズなのに、寄れないってどうなの? 

 EF-Mマウントのカメラを持っている方には、絶対おすすめしたいレンズです。

 EF-Mマウントのカメラに付けるレンズとして1本目…となると、どうしてもEF-M 18-55mm F3.5-5.6 IS STM、EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM、EF-M 18-150mm F3.5-6.3 IS STM あたりになってしまうのですが、2本目は、ぜひ、EF-M 32mm F1.4 STMを。

 ちなみに、EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM、EF-M 18-150mm F3.5-6.3 IS STM は、3,000万画素超だと力不足の感がどうしても拭えません。中心部はともかくも、周辺画質まで考えると、やはり絞って使うべきですね。EOS M6 Mark II はレンズを選ぶカメラだと感じています。

 EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM、EF-M 18-150mm F3.5-6.3 IS STM が EOS M6 Mark II で普通に使えないレベルということではないですからね。私も、普通にスナップに使っています。画質を追求すると、ということで、お考えください。

 APS-Cサイズで 3,000万画素超ですから、レンズを選ぶボディーというのは当然です。

明るいレンズは万能

 フィルム時代、デジタルカメラ初期は、高感度撮影に限界がありましたから、シャッタースピードを稼ぎたいときは、フラッシュを炊く、なるべく明るいレンズを使うことが必須でした。
 描写力、美しいボケを求めて、明るめのレンズを使うのはもちろんのこと、今でも、明るいレンズは、暗いシチュエーションで、絶対の力を発揮します。





 非常にシャープで、ボケも綺麗ですよね。使っていて、実に楽しいレンズです。
 いろんな意味で、EF-M 32mm F1.4 STMは便利なレンズです。 

家に缶詰
 今週末は持ち帰り仕事が山積みで、どこにも出かけられず。天気が悪かったので、まっいいか…。
 結局、徹夜となりました…( ̄□ ̄;)。
 

だからレンズ沼( ̄□ ̄;)
 Nikon1 J5は、レンズが充実してきたが、まだまだ足りていない。明るいレンズの充実が待たれる。




NikonとCanon
 カメラメーカーによって画づくりは大きく異なる。
 かなり語弊はあるが、私の受ける感じは、一言でいうとNikonは実直、Canonは綺麗な画づくりだ。Nikonが綺麗でないということではないが、Nikonの画には、とても真面目で実直、落ち着いたものを感じる。華やかさはあまり感じない。一方Canonは華やかだ。語彙力がないので、単純な表現になってしまうのだが、やはり綺麗な描写だ。報道はNikon、ポートレート、雑誌はCanon…という一般的な傾向を裏付ける。それはカメラ本体の作り方とも関連があるのだろうが。
 今となっては、一概にそうも言えないのだろうが、私は、そんな感じを受けている。
 ブログの記事を見直しても、やっぱりNikonは実直な描写で、Canonは綺麗だ。どちらかというと、私好みはCanonの画。画づくりと、自分にとっての使いやすさ、自分が使いたいレンズ、…等々がマッチすればよいのだが、世の中なかなか上手くいかないものだ。

 だからこそ、CanonとNikonを行ったり来たりしてしまうんだろうな…これからも。

 ところで、間もなく出てくるであろうCanon EOS 5D Mark IVは、間違いなくすばらしいカメラになると思う。2,400万画素程度に抑えられ、ライブビューAFもEOS 7D Mark II並みに速くなることは、ほぼ間違いないのではないか。Mark IVを待ちきれずにNikonに戻ってしまったが、やはり気になる。

ファインダーはあった方がよい
 Nikon1 J5はとってもよいカメラだが、一つだけ残念なのはEVF。EVFは絶対にあった方がよい。Nikon1のメリットは、超望遠が気軽に使える点であるが、望遠ズームでは、ファインダーがないと非常に使い難い。それだけでなく、日中は液晶モニターではどうにも見づらい。私は、非常に不快に感じた。
 …だったら、V3を買えよ…と言われてしまうが、高感度ノイズ、ホワイトバランス精度、…等を考えると、やはり最新のJ5になってしまうのである。V3はプレミアムキットだと8万だしね。

 iPhoneだと、別に見づらいと感じたことはないので、デジカメの液晶モニターが3インチ程度だからなのか、兎にも角にもEVFは私としては必須。スマホからデジカメにステップアップするときには要注意。スマホでは感じなかったイライラがEVFなしのデジカメにはある。外付けファインダーを付けようにも、ホットシュー(アクセサリーシュー)も省略されているのでどうにもならない。
 今やコンパクト機にもEVFが搭載される時代である。
 Nikon1 V4が待ち遠しい。

 

↑このページのトップヘ