Camekichi 写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

タグ:50mm

Nikon D750の高感度はすごい
 D750の高感度画質はすごい。ここがD750の最も優れたところだ。実際、Nikonがいう常用最高感度ISO12800までは間違えなく使える画質である。
 下の写真は、こたつの中なので、明るいレンズでもISO16000となってしまったのだが、これでも目くじらを立てるほど悪くはない。


チルト式液晶モニター
 D5500はバリアングル式で、D750はフルサイズ一眼レフ初のチルト式。Nikonにどういう意図があるのかわからないが、液晶が可動式であることは素直に嬉しい。
 CanonのライブビューAFに比べると一歩も二歩も遅れを取っているのだが、AFスピードが低速であるとしても使えないことはない。私はネコ撮りで多用するので重宝している。今回の写真は、液晶モニターを上向き90度で使用、ライブビューAFで撮っている。

 じっとしているネコなら、むしろライブビューの方が撮りやすい。位相差AFエリアの縛りもないし、チルト式液晶モニターのおかげで、無理な体勢はとらないくてよいからだ。AFの遅さで、シャッターチャンスに強いとは言えないが、フルサイズ機ではCanonも似たようなものだ。

階調が豊か
 APS-C型としては極めてダイナミックレンジが広い。それはフルサイズD750をも上回る。D7200に勝てるのはD810のみ。


Canonが優れる点
 CanonがNikonに優れる点は、ずばり発色、ホワイトバランスの精度。Nikonもずいぶん良くなってきたが、まだCanonの方がよい感じ。人物を撮ったら、Canonはホントに綺麗。それとライブビューAF。特にライブビューAFについては、どう逆立ちしても敵わない。大人と幼稚園児ほどの差がある。
 Nikonに戻るにあたって、この点がずいぶん引っかかった。

AFカバーエリア
 フォーカスポイントのカバーエリアが広いのがAPS-Cサイズ機のメリットの一つ。私にとっては、この広さが非常にありがたい。…というか、これが限界です。これよりもAFエリアが狭くなると、非常に使いにくくなります。
pic_03

 D750なんか、↓これですからね。物理的にカバーエリアを広げることは不可能に近いので、フルサイズは、もはやコントラストAFや像面位相差AFでないとダメだと思います。そうなると、Canonのカメラが現在は、一つの正解かもしれません。光学式位相差AFと像面位相差AFのハイブリッドが現実的ですから。実際、私は、EOS 7D Mark IIやEOS 8000Dは、屋内では、動きもの以外はほとんどライブビューAFを使っていました。
 方向性としては、SONYが先進で、結構いいところを行っていますが、まだまだ光学式には敵いません。車でいうと電気自動車とハイブリッドカーに似ていますね。
2012440_m

広いAFエリアのおかげで
 シャッターチャンスを逃しません。

Nikon D7200は JPEGで
 Canonという会社は、石橋を叩いても渡らないほどの慎重な会社で、危ない橋は絶対に渡らない。カメラメーカー各社でローパスフィルターレスのカメラをどんどん投入していく中、Canonは最近やっと重い腰を上げ始めた。
 Canon EOS 5D Mark IIIは、ローパスフィルター搭載機で、解像感にやや不満があって、それ故RAWでしか撮らなかった。Nikon D7200は、ローパスフィルターレスで、解像感に不満はないし、EXPEED 4が極めて優秀で、取り敢えず今のところRAWの必要性を感じないので、しばらくはJPEGで様子を見ようと思っている

上行寺で彼岸花を撮る 2
 シルバーウィークで一番よい天気になりそうな今日であったが、高速道路の大渋滞に巻き込まれるのが嫌で、地元のお寺で彼岸花を撮る。










↑このページのトップヘ