Came吉写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

タグ:50mm

FE50mm F1.8は欠点も多いが
 AFは、この時代のレンズにしては、かなり遅いし、画質も開放側が緩め、それでいて、他社の並単50mmよりも倍の価格、はっきり言っていいとこ無し。これで税込9,000円なら納得もするが、これではねぇ…。

 でも、これでダメならツァイスのSonnar 55mmになっていまい、8〜9万円の出費。Planar 50mmだと15〜16万円┐(´~`)┌。
 選択肢が、これ以外にないので、AFは諦めるとして、画質も、ちょっと絞れば納得できるし、開放側でも、ピントに芯がない訳ではないので、これでどうやって使っていくかを自分なりに考えていくだけですね〜。
 FE85mm F1.8の開放のキレと比べちゃうと、全然だけど、開放の画質がゆるゆると言うほどでもないので、私は開放側を積極的に使いますよ。

ネコでも瞳AF
 今日のネコをFE50mm F1.8で。SONYは、動物でも瞳AFが効くようにするらしいが、SONY α7 IIIは、瞳を検知し瞳AF発動。すでにネコでも瞳AFが効きます( ̄◇ ̄;)。

FE50mm F1.8 で花撮り
 今年は早めの開花で、我が家のニホンスイセンも見頃に。


寄れない FE50mm F1.8
 AFジーコジーコで遅い、開放は緩めのFE50mm F1.8ですけど、もう一つデメリットは「寄れない」こと。SONYのレンズは寄れないものばかりですけど、ご多分に漏れず、このレンズも寄れません。

 寄りたいときはトリミングですね。

SONY FE 50mm F1.8
 CanonにもNikonにも、撒き餌レンズと言われる、格安の標準レンズがあります。SONYにもありますが、他社のが1万5千円付近の価格設定であるのに対して、SONYのは3万円弱…2倍の価格です。それでも価格に見合う性能なら納得もしますが、いわゆるジーコレンズで、AFは遅いし、開放付近での画質は緩め。

 ちょっと絞ればキリっとします。車のフロントガラス越しでも、F2.8でなかなかの画質。


 開放だと、ちょっと緩め。まあ、これでもAFが速ければよいのですが…。この性能で3万円弱とは、ちと高い。メリットは、コンパクトなαシリーズボディーにぴったりなコンパクトな筐体のレンズということくらいです。動きモノには全く向きません。

軽い熱中症
 いきなり心臓がバクバクしだし、脂汗に目眩…軽い熱中症になりました。特に運動をしていた訳ではありませんが、ホント危険な気温です。塩分が不足していたようです。経口補水液と2時間ほど横になって、何とか回復しました。

↑このページのトップヘ