房総ねこの写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

タグ:70-300mm

SERVO AF の実際

 今日は、動体予測AFのお話。一眼レフ機…EOS-1D X、EOS 5D Mark IVからEOS 80D、EOS 9000Dに至るまで、キヤノンの動体予測AFの能力の高さは言うまでもありません。これは、私も実際に使ってみて、キヤノンのSERVO AFには、絶大の信頼を持っています。

 とは言え、これは、あくまで光学位相差AFセンサーでのこと。デュアルピクセルCMOS AFでは、どの程度の能力を持っているのか。EOS Kiss M では、そこそこ使えていましたが、さすがに一眼レフ並みとはいきません。
















 EOS R の動体予測AFは、というと、まずまず使える感じ。ローカル鉄道程度ならもちろん全く問題なし。新幹線とか、モータースポーツで試していないので、この辺は何とも言えませんが…。
 スポーツ等で、もう少し検証しないといけませんね。

どうでも良い日常を EOS R で撮る

 家内の最近の趣味が、クラフトテープバッグ作り。夜な夜な作ってます。編み方もいろいろあるみたいです。


 最近、半月板を傷めてしまい、整形外科でテーピングするように指示されるようになったこの頃( ̄◇ ̄;)。肩腱板損傷の治療に併せて、半月板損傷の治療が追加されてしまいました。
 肩も膝も悪いので、重いカメラシステムはダメです。ミラーレスが必須。SONY α 導入の一つの理由が、肩腱板断裂でした。EOS Rも十分軽量コンパクトなので、助かってます。



 アスペクト比 1:1 で撮ってます。トリミングではなくて、いろんなアスペクト比で撮れるのは、元祖はパナソニックだと思うのですが、最近のデジカメでは標準的な装備。

 EOS Rで残念に思うのは、アートフィルター機能がないこと。Nikon Z7、Z6にも、クリエイティブピクチャーコントロールとして、アートフィルター機能が内蔵されています。EOS R は、フラッグシップ機ではないので、こうした機能は搭載してほしかったですね。キヤノンは、今のところフルサイズ機には、アートフィルター機能は載せてこないようですが、今年中に出てくる EOS R のエントリー機はどうなんでしょうか。

EOS R に合う望遠ズーム
 今回発表された RFレンズのラインナップに、望遠ズームはないので、マウントアダプターを介してEFレンズを使うしかありません。
IMG_2699
 もともと非Lズームですが、非常に評判の良いレンズで、隠れLズームとも言われています。Lレンズに比べて軽量コンパクトで、画質が良いのにお安く、コストパフォーマンスが抜群に良いレンズです。RFマウントの望遠ズームがない現在、EOS Rに最もよく似合う望遠ズームではないでしょうか。
IMG_2704
 フルサイズって、一般ユーザーにとってはハードルが高いんですよ。そもそもレンズ交換式のカメラからだとは思いますが、APS-C機とフルサイズ機とは、あまりにボディーサイズが違います。一般の方が、いくらEOS 5D Mark IVよりもコンパクトだとはいえ、EOS 6D Mark II を気軽に手にするとは考えられません。

 そう考えると、EOS Kiss Mは、びっくりするほど軽量コンパクトで、スマホカメラよりも良い写真を撮りたいと思っている方への訴追力があります。
 フルサイズの EOS R になると、EOS Kiss Mほどのインパクトはないものの、EOS 6D Mark IIやEOS 5D IVよりも十分、軽量コンパクトで、普段から持ち歩きたくなるフルサイズ機です。
 ボディーサイズをスポイルしない、EF 70-300mm F4-5.6 IS II USMは、今のところ、ベストな望遠レンズと言えると思います。
IMG_2710


EF 70-300mm F4-5.6 IS II USMの作例
 ほんのちょっとの作例ですが。手ブレ補正もよく効きます。



フルサイズには及ばないものの大健闘
 APS-C型機の高感度耐性もすごいレベルになりましたね。メーカーの常用最高感度はISO51200ということで、最高感度付近が実際使えるかどうかは、人それぞれですけど、場合によっては使えるかなぁ…というところです。何れにしても大したものだと思います。私は、ISO51200でも積極的に使っていきたいと思っています。

 ものすごーく薄暗い部屋で撮りました。シャッタースピードは1/400秒で、ISO40000です。ひと昔前までは、ISO3200でも躊躇していたのに、驚くべき進化ですね。フィルム時代のことを考えると、ISO1600フィルムでもびっくりしていたくらいですから、すごい時代になったものです。
 少々暗いレンズでもいけちゃうのでありがたい限りです。暗所での画質はもちろんのこと、AF速度、AF精度、…トータルで良いカメラでないと、うまくいきませんが、D500は完璧ですね。

ステッピングモーター搭載レンズ
 ちょうど1年近く前になるのでしょうか。Nikonも、ステッピングモーター駆動の新しいレンズを発表しました。これまで超音波モーター駆動が主流でしたが、一眼レフ機が動画でもよく使われだし、静粛性がより問われるようになり、交換レンズに、ステッピングモーターが採用されるようになりました。

 Nikonもやっと2016年8月23日に、ステッピングモーター駆動のAF-P DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR とAF-P DX NIKKOR 70-300mm F4.5-6.3G ED VR が発表されました。Canonの場合は、静粛性の方がクローズアップされていましたが、Nikonの場合は、静粛性はもちろんのこと、高速性の方が話題となっています。ネット上には「爆速」と評価も高く、実際、カメラ店で試してみると、驚くほどAFが速く、想像以上でした。Nikon史上では革命的と言っても過言ではありません。
 位相差AFではもちろんのこと、コントラストAFでも非常に高速で、遅い遅いと評判の悪かったライブビュー撮影が快適なレベルになっています。CanonのデュアルピクセルCMOS AFに比べて、遅れをとっていたNikonのライブビューAFですが、これで、Canonの背中を捉えたと言ってもいいくらいの出来です。AF-Pレンズはマジで凄いです。
 CanonのデュアルピクセルCMOS AFも、すごい技術ですけど、像面位相差としては、まだまだのレベルで、光学位相差に比べたら遅いし、ピントがどこに合っているのかわからない状態、背景に抜けてしまうことも多々あって、私はイマイチ信頼していません。

 気にはなっていましたが、キットレンズをわざわざ単体で購入するのもなぁ…、D5600ダブルズームは高いしなぁ…、AF-PレンズのためにD3400というのもなぁ…と二の足を踏んでいたのですが、ライブビューの爆速AFを手に入れるには、AF-Pレンズが必須で、今回、恐ろしく安く購入できる機会があったので手に入れました。
 NikonのライブビューAFは、ひと昔前のデジカメのAFスピードで、AFを合わせている途中でネコに逃げられてばかりいましたが、AF-Pレンズのおかげで、ネコをライブビューで普通に撮ることができるようになりました。もはや、これは革命的と言っていいレベルです。

 AF-Pレンズは、AF-P DX NIKKOR 10-20mm F4.5-5.6G VRに引き続き、FX用の AF-P NIKKOR 70-300mm F4.5-5.6G ED VRまで出て、どんどん拡充してきています。

↑このページのトップヘ