Camekichi 写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

タグ:80D

いろいろ使ってみたけれど
 動きものは、やはりレフ機…というのが、散々OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIを使ってみた結論。当たり前すぎる結論に至ってしまったのが、とても残念。確かに、E-M1 Mark IIの進化は非常に大きなものがありますけど、歴史あるEOSの牙城を崩すには、一歩及ばずといったところ。
 激しいスポーツ等を撮らない人にとっては、もちろんE-M1 Mark IIで十分すぎるほどだと思いますが、私の用途では、残念ながら、力不足の面がありました。

 E-M1 Mark IIIを期待しましょう。
 改めて、Canonの凄さを再認識。1937年創立のカメラ界を牽引する老舗メーカーですからね。
 

AF性能
 (私の)EOS 70Dは、イマイチのAF性能でした。AF-Cでローカル線のゆっくり走る汽車を撮ってもダメだし、AF-Sですらあまりよくなく、彼岸花ですら狙ったところにピンが来ない有様。特に屋内はダメでしたね。EOS 7Dもそんな感じでしたので、やっぱりね…とため息。EOS 7D Mark IIも屋外ではまずまずでしたが、屋内では、やっぱり歩留まりが急に悪くなる感じで、大きな不満を持っていました。

 一方、購入からしばらく使ってみてのEOS 80DのAFは、いい感じです。仕事でもバシバシ使っていますが、今のところは不満がありません。アリーナでも使っていますが、問題なくピンは来ていますね。個人情報保護から、今のところ画像を上げられるものがないので、また機会があったらUPしたいと思います。

庭の彼岸花…別の一角
 今度の彼岸花は、別の一角に咲いているものです。まだまだ蒸し暑い日が続いていますが、確実に秋がやってきているんですね。
 彼岸花を見ると、ピンの来なかったEOS 70Dのことを思い出してしまいますが、EOS 80Dは大丈夫ですね。安心して使えますね。

 型番からすれば、80Dは70Dの後継機なのですけど、AFモジュールが全く違うので、全くの別物と考えたほうがよいです。70DのAFセンサーはオールクロス19点、7DのAFセンサーの派生系です。7Dも70Dも似た結果を生むのは至極当然のこと。80Dは、新開発のオールクロス45点AFセンサーで全く異なります。
 ただし、同じ19点でもEOS 8000D(Kiss X8i)のAFセンサーとでは、また結果が異なり、最新のAFセンサーは、何らかの改良が施された可能性があります。70Dと8000Dとでは、明らかに8000Dの方がよいのです。
 これはNikonでも同じことが言え、D7000→D7100→D7200とカメラが新しくなるにつれ、AFが格段によくなっています。スピードのキヤノン、精度のニコンと評されていたのに、D7000は、その信頼を大きく揺るがす酷いカメラでした。D7200は別物。ニコンを信頼を一挙に回復し、APS-Cサイズ機の王者とも言える不動の地位を獲得。私個人としては、D500よりも評価しています。EOS 7D Mark IIと比較しても、D7200の方がよいと思います。

 EOS 80D はオススメできますよ。ニコン派の方ならD7200、キヤノン派の方ならEOS 80Dが一押しです。予算があれば、もちろんEOS 5D Mark IV。これはまだ手にしていないのですが、間違いないでしょう。EOS-1 D X Mark IIを除けば、キヤノンの主力フルサイズですから。ミラーレス派なら、今度のキヤノンのEOS M4が良さげですよ。EVF内臓、EOS 80Dと同等のAFらしいので。今年のキヤノンは特にいい感じですね〜。

↑このページのトップヘ