房総ねこの写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

タグ:90mm_F2.8_Macro

2
 オリンパスの笹宏行社長は2日、ミラーレス型デジタルカメラの最新製品OM-D E-M5に、ソニー製の画像センサーを採用したことを明らかにしました。笹社長が同日都内で行われた生物顕微鏡新製品の発表会で記者団の質問に答えたというものです。

 以前から、画質の傾向から、私はSONY製と断じてきたので、当然そうでしょ…と思っただけですけど。

 笹社長はソニー製センサーの採用について、「ソニーはCMOS(相補型金属酸化膜半導体)センサーの分野では恐らく世界一だ。」と述べていますが、これもまた当然そうだと思います。おそらく、今のところ、SONYに真っ向から勝負できるメーカーは皆無です。ものすごい会社だと思います。自社のカメラはイマイチなところがありますけど(^_^;)。

 PENTAXやNikonは、この世界トップレベルのセンサーを実にうまく使いこなしていますよね。

1
 庭のキキョウが咲き始めました。
 ライブビューMFで。ライブビューは、ほとんどこのために使います。

 Nikonは、画づくりでイエロー寄りの傾向があるので、特に仕事上、人物の色の調整にずいぶん苦労しましたが、Canonは、手間いらずでホントに楽です(^_^;)。
2

1
 佐原水生植物園に行きたかったのですが、もう花菖蒲も終盤なので諦めました。

 そこで、性懲りもなく、また本土寺に行ってきました。前回は、花菖蒲の枯れた花殻がいっぱい付いていて、あまりキレイでなかったのですが、今日は花殻がすべて摘み取られていて手入れの跡が見られました。2番花も結構咲き揃っていたので、なかなかキレイでした。今までに訪れた中で一番よかったです。

  帰りにCanon EOS Kiss X6iを触ってきました。AFも実に快適、液晶もキレイ、連写秒5コマも快適で、感触は非常によかったです。ただし、ハイブリッドAFは、全然ダメですね…マイクロフォーサーズを連想して使うとがっかりします。相変わらず、一昔前のコンデジのコントラストAF並。これで、撮像面位相差が組み込まれているの?と驚いてしまいました。やはり、Nikon 1には、到底敵いません( ̄□ ̄;)。

 これでは、7月24日発表のCanonのミラーレスも、あまり期待できないかも…。
1
1

1
 私の撮影スタイルは、現場で、まず標準レンズで、だいたいのポイントを撮り、次に望遠レンズ、最後にマクロレンズで、と3周くらいして、さらに、もう1周して太陽高度の変化で、光の変化が出たところをまた、標準レンズで抑えるというような撮り方をします。

 今日は、家内を同伴していたので、待たせていては悪いので、チャチャッと撮っておしまいです(^_^;)。ちょっと後ろ髪を引かれながら、本土寺を後にしました。現場を見て、パパッとポイントを押さえて、短い時間に的確に撮れるように精進しないといけませんね…。

1
 Tamron 90mm F2.8 Macro は、定評のあるすばらしいレンズです。
 私も、いろんなマウントで、実に様々なカメラに付けて使ってきましたが、開放から、ピントの合ったところはシャープで、とろけるようなボケの美しさが両立した、Tamronが誇るスーパーレンズです。マクロレンズで駄作というのも、あまり聞いたことがありませんけど。
2

↑このページのトップヘ