Camekichi 写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

タグ:AF-S

久しぶりに晴れた
 ホントに久しぶりの晴れです。
 昨日は少々肌寒い一日でしたが、今日は一転、蒸し暑さが一気に戻りました。

 今日から3日間、茂原七夕まつりですが、明日からまた天気がイマイチという予報が出ているので、とりあえず、撮影に出かけてきました。
 今年で63回目ということで伝統あるお祭りです。63年も続いていることに敬意を表したいです。イベントを開催するというのはお金もかかるし、たくさんの人の協力がないとできないし、そもそも企画から運営まで大変な労力と時間がかかります。お陰様で、毎年楽しませていただいてます。











やはりD7200はすごい!
 最近、軽量コンパクトなD5500を使っているのですが、D7200からD5500に持ち替えると、当たり前ですけど、D7200の凄さが身にしみます。何が違うって…AFですね。この差は如何ともしがたいです。

 D5500が悪いわけではなく、D7200が優秀なのです。D7200を触ってしまうと、D5500がかなり見劣りしてしまうのです。D5500は、何だかピンが甘いなぁ…とか、あれっというところで外す…ということが正直あります。簡単に言うと、AFの癖はD7000に近いものがあります。私がかつて悩まされた、あのAFですね。
 D7200のような圧倒的な信頼感はありません。ただ、D5500だけを使っていれば、こんなもんでしょう…と納得してしまうレベルで、逆に差がなければ、D7200の存在感が薄れてしまいますから、これは致し方ないところです。D5500は、モノコックボディーによる、軽量コンパクトなモデルで、それと引き換えに、AFがD7200よりは劣る…ということですね。

沈胴式は成功
 サイズは単焦点レンズですね。ミラーレス機の影響もあってか、ここ数年、小型なレフ機が一大ブーム。キヤノンでいうと、驚異的なダウンサイジングに成功した EOS Kiss X7。Nikonだと、モノコックボディーによるD5500。

 ボディーだけ小さくしても、レンズが大きければ意味がないので、各社、小型で高性能なレンズの開発も進んでいます。キヤノンではパンケーキレンズで、Nikonでは、ズームの沈胴式化。両者とも、市場で大成功を収めているのではないでしょうか。写りが犠牲になっているということもないですし。プラスチックマウントのレンズですけど、性能はかなりまともです。

 ちなみにKiss X7の後継機 Kiss X8は、さらなる小型化を図ったとか噂を聞きますが、果たしてどんなカメラに仕上がって出てくるのでしょう。小さくなっても、しっかりグリップできることもは大事なので、D5500のような方向性は好きです。そういう意味では、私は、CanonならKiss X7よりも8000Dの方が好みですね。

獅子舞
 九十九里町の関万歳(せきまんざい)というお祭りに行ってきました。20年前には九十九里町に住んでいたので、その時以来、ほぼ毎年行きますが、極めてローカルなお祭りです。



 もち投げも行われました。私は一つも取れず…( ̄◇ ̄;)。





D750のサブ機として

DSCN0576
by Nikon COOLPIX S9900
 D750をメイン機とするとD7200は少々重いので、サブ機を探していました。
 ミラーレス機でもよかったのですが、やはり動き物のことを考えたら、レフ機しか選択肢がありません。最近は、ミラーレス機でも、AFがまずまず追従できるものもありますが、当然ながらレフ機には敵いません。さらに、できるだけ軽量で、機能はある程度のものを…となると、D5500一択でした。D5500は、メイン機にしてもよいくらいの優等生です。

 モノコック構造ボディーで軽量コンパクト、レンズも沈胴式のダブルズームで構成すればトータルでコンパクトです。コンパクトなレフ機といえば、Canon EOS Kiss X7もありますが、AFはNikonには及びません。ダブルズームキットでも5万円を切り、コストパフォーマンスは抜群ですが…。余談ですが、Kiss X8は、さらに小型化されるとか。レンズとのバランス、ブレ対策、…等々ありますが、より小型で軽いレフ機も需要は高いのではないでしょうか。

 CanonでいうとEOS 8000Dあたりも候補になりますけど、こちらはAFが不安定で、結構な確率でピンが来ません。AFに目を瞑れば、なかなか魅力的なカメラではありますが。Nikon 1もありますけど、こちらは画質が同じ1インチセンサーのSONYのRX100シリーズに比べると一歩も二歩も劣りますし、これも一見AFに強そうで、実は思わぬところで背景に抜けたりすることもままあります。

Nikon D5500 のレンズキット

DSCF5151

 キットはどのタイプがよいでしょうか。DX18-140mm F3.5-5.6 G VRのキットという手もありましたが、自分の使用シチュエーションを考えると、望遠端が最低でも200mm(300mm換算)は欲しい。DX18-55mm F3.5-5.6 G VRとDX55-300mm F4.5-5.6 G VR IIのダブルズームキットということも考えましたが、DX55-300mm F4.5-5.6はAFが劇遅なので却下。標準ズームキット+DX55-200mm F4-5.6 G VR II という独自のセットにしました。DX55-200mm F4-5.6 G VR IIは、発売当初は、4万円前後という高値でしたが、最近は、1万4,000円前後で買えるので、メーカーが設定した標準ズームキットにDX55-200mm F4-5.6 G VR II

 DX55-200mm F4-5.6 G VR IIは、沈胴式で非常にコンパクト。しかもAFは速い…ということで、軽量スリムボディーのD5500に相性のよいレンズです。DX18-55mm VR+DX55-200mm VRというダブルズームキットがないことが不思議なくらいです。D5300のダブルズームキットは、この組み合わせなんですけどね。逆にD5300のダブルズームキットとの差別化なんでしょうか。併売されてますからね。

画質




↑このページのトップヘ