Camekichi 写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

タグ:E-P3

1
 ディスプレイって大事だよなぁ…と思う1カット。私は、こういう陳列が好きだ。
 金物屋としては、なかなかおもしろく、インパクトがある。
 店頭の陳列で、お客さんの心をつかまないと、お店に入ってもくれないことは誰もが知っている。ユーモアとお店の主張、お客さんへのメッセージ性がないとダメだ。私も、数年間、商品の陳列に携わったことがあるが、陳列一つで、大幅に売り上げが変わってくることを実感している。

 E-P3のAFは速く、実に気持ちがよい。液晶モニターも非常に見やすくきれいだ。EVFももちろんいいけど、大きく美しい液晶モニターで撮るのも、またよい。…NEX-5Nを使うようになって、強く感じるこの頃である。NEXの液晶もきれいだけど、E-P3の液晶の方が美しく感じるのは私だけ?

6
 SONY NEX-5N と OLYMPUS PEN E-P3 両機を同時に使っていると、それぞれのよさと弱点が、非常によく分かる。

 大きいものは、次の2点である。
 E-P3の液晶は、屋外では見づらい…と言われているが、NEX-5Nよりも、遥かに見やすく美しいということ、E-P3のAFがいかに速いかということ。

 また、なぜ、貧弱なレンズラインナップなのに、NEXが売れているか…ということも、所有してみて初めて分かった。 理由の一つが、NEXが信じられないほど小さく軽いということである。これが一番大きいと思う。チルト式液晶や高速連写を生かした機能もあるのだろうけど、このコンパクトさは、何にも代えがたい。

 E-P3の魅力は、レンズも含めて、トータルでは、非常に軽量コンパクトであること(NEXは、レンズは小型化できない)、専用ボタンが適宜に配置され、操作性がよいこと、 ボディー内手ブレ補正機能をもっていること、独自のフィルター機能、マイクロフォーサーズ陣営のレンズラインナップが充実してきたことにある。特に、Panasonicのレンズは、すばらしい。

 レンズが豊富にあるということと、アートフィルター、マルチアスペクト、…などは、表現力が高いということを意味する。 

 そういう意味では、NEXは、まだまだである。とにかく、レンズの充実が急務であろう。特に、PanasonicのG20mmF1.7のような、明るくて、安くてコンパクトで、高画質な単焦点が欲しい。望遠ズームやマクロですら、今年の9月になってやっと…というのは、ちょっと遅すぎる。

 E-P3の望遠ズームで、遠景撮影では、AFが背景に引っ張られやすい点、高感度画質がAPS-C型機には及ばない点で、NEX購入前には、E-P3からNEX-5Nへの乗り換えを考えていたが、E-P3の優位性も高く、当面は、併用しつつ、じっくり考えいこうと思っている。

↑このページのトップヘ