Camekichi 写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

タグ:ED

やはりD7200はすごい!
 最近、軽量コンパクトなD5500を使っているのですが、D7200からD5500に持ち替えると、当たり前ですけど、D7200の凄さが身にしみます。何が違うって…AFですね。この差は如何ともしがたいです。

 D5500が悪いわけではなく、D7200が優秀なのです。D7200を触ってしまうと、D5500がかなり見劣りしてしまうのです。D5500は、何だかピンが甘いなぁ…とか、あれっというところで外す…ということが正直あります。簡単に言うと、AFの癖はD7000に近いものがあります。私がかつて悩まされた、あのAFですね。
 D7200のような圧倒的な信頼感はありません。ただ、D5500だけを使っていれば、こんなもんでしょう…と納得してしまうレベルで、逆に差がなければ、D7200の存在感が薄れてしまいますから、これは致し方ないところです。D5500は、モノコックボディーによる、軽量コンパクトなモデルで、それと引き換えに、AFがD7200よりは劣る…ということですね。

キハ20 1303
 いすみ鐵道で9月24日から運用を開始したキハ20 1303を撮影するため、大多喜に出撃。

 キハ20 1303は、旧国鉄一般色だが、れっきとした新潟トランシス社製の新車。ここが、いすみ鐵道社長さんがエライところで、いすみ350形も旧国鉄カラーだったらな…という私の勝手な妄想が、ホントになってしまった。鳥塚社長のお話では、土日祝祭日にはキハ52やキハ28が走るが、平日はムーミン列車だけというのは観光の観点からは弱い。だからキハ20 1303の投入となったそうだ。
 家内は黄色い汽車が好きだというが、私は全車旧国鉄カラーでもいいくらいである。

 今日はいつ運用になるのだろう…。動き出したら、今日は乗り鉄と決めていたら、いすみ350形と2両連結で入線したので、早速1日フリー切符を購入して乗車。Image-1

 やっぱり、このツートンカラーがいいね〜。


 昭和のキハと平成のキハが並ぶ。昭和のキハは首都圏色で平成のキハは一般色だ。まさかこういうカットが撮れるとは…ちょっと感激。


今日のNikon D7200
 やっぱりNikonのAFは確実。AFもそうだが、このブレは何?…というような自覚症状のない失敗写真は皆無。ミスショットも全て原因がわかる。

 これなんか、モードダイヤルをプログラムシフトのままにしてしまったため1/200秒で被写体ブレのミスショット。そもそも、午後は日が陰ってダメなのだが…D7200はダイナミックレンジが広いので、こういうシーンでも撮ってみたくなる。

 Canonだと、まともに写っているのか、いつもドキドキものだが、Nikonでは、まずそういうことはない。Canon EOS 5D Mark Ⅲなら、まあ安心だが、CanonのAPS-C型機では、1コマずつ念入りにチェックしないと、思わぬピンボケが必ずある。
 Nikon D7200は完璧だった。狙った獲物は絶対に逃さない。さすがである。 

望遠ズームは、APS-C型で本領発揮
 望遠ズームAF-S Nikkor 70-200mm F2.8 G ED VR IIは、広角側70mmが絶妙な焦点距離なので、D7200に付けると広角側が犠牲になってしまうのがいただけないが、望遠側でサンニッパが実現できるのは、APS-C型の特典。1.3倍クロップで、390mm F2.8で、ほぼヨンニッパとなる。M.ZD 40-150mm F2.8 PROが、アリーナでの撮影に非常に便利だったので、このレンズは、さらに活躍できそうである。


写真はレンズで決まる
 それにしても、いいレンズはいい。70-200mm F2.8は昔からいいレンズだが、最新のズームは一皮剥けてさらにすばらしい。下手な単焦点ですら寄せ付けない画質だ。

超高感度はどこまでも
 毎日、毎日ネコ缶じゃあ、さすがに飽きるので、たまには焼き魚。 
 小さな動きではあるが、最低でも1/200秒は欲しいところなので、キットレンズだとISO10000に。
 「ISO128000なんて誰が使うんだ?」なんていう人がいるけど、普通に使うんだな、これが。

 高感度は強ければ強いに越したことはない。APS-C型も、数値上は常用感度がISO25600まで射程に入ってきたが、まだまだ実用的ではない。以前はISO1600まで設定できても、それは非常用だった。今やISO3200は何の躊躇もなく 使うレベルにある。昔では考えられない高感度だ。実用的かどうかは別にして設定だけなら、ISO51200、ISO102400、ISO204800など、考えられないほどの超感度が使える機種が出てきている。いつの日か、ISO102400が普通に使えるようになると楽しいだろうなぁ…。

一番いいかも…
 バラと違って、世話がいらないということ。芽が出てきたら、周りの雑草は取らないといけないが。私のようにズボラな人間にはぴったりの花。

↑このページのトップヘ