房総ねこの写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

タグ:EF-EOSR

猫ちぐらで一晩を明かす

 白いネコの方は今のところ入りませんが、このネコは猫ちぐらがすっかり気に入ったようで、一晩この中で過ごしました。いつもはコタツの中で寝ているのに、猫ちぐらの中も温かかったのでしょうか。
 習性で、猫は狭いところ、囲まれたところが好きで、安心するみたいです。





 手間が掛かるので、さらにもう1個は編めないと家内は言っています。横で見ていますが、確かに大変。

建造中の「猫ちぐら」を占拠

 家内が制作中の「猫ちぐら」。「猫ちぐら」ってご存知ですか?
「猫つぐら」とも言います。新潟県や長野県で、藁で作られる猫用の寝床ですね。こちらは紙紐で編んでいます。
 非常に手間が掛かるので、販売されているものは、7〜8万します( ̄□ ̄;)。



 気がついたら、いつの間にか入ってました( ̄□ ̄;)。
「猫入るかな…。」と家内が心配していましたが、どうやら大丈夫そうです。しばらく入っていましたが、雪がしんしんと降る今日は寒いので、30分ほど後、コタツに潜り込んでしまいました。写真に収められてよかった( ̄◇ ̄;)。

改めて EOS RのAF速度 について

 EOS Rをご検討中で、EOS RのAFスピード…デュアルピクセルCMOS AFの合焦スピードを心配されている方がいらっしゃると思いますが、心配ご無用です。EOS Kiss Mなんかよりもさらに速くなって、一眼レフEOSと遜色ないくらいにまでなっています。




 EOS Rを使い始めて結構経ちますが、AFのせいでシャッターチャンスを逃した〜ということはありません。EOS 5D Mark IV や SONY α7 III を使っている私でも違和感なく使えています。

 猫ちぐら…またまた完成に近づいています。 

SERVO AF の実際

 今日は、動体予測AFのお話。一眼レフ機…EOS-1D X、EOS 5D Mark IVからEOS 80D、EOS 9000Dに至るまで、キヤノンの動体予測AFの能力の高さは言うまでもありません。これは、私も実際に使ってみて、キヤノンのSERVO AFには、絶大の信頼を持っています。

 とは言え、これは、あくまで光学位相差AFセンサーでのこと。デュアルピクセルCMOS AFでは、どの程度の能力を持っているのか。EOS Kiss M では、そこそこ使えていましたが、さすがに一眼レフ並みとはいきません。
















 EOS R の動体予測AFは、というと、まずまず使える感じ。ローカル鉄道程度ならもちろん全く問題なし。新幹線とか、モータースポーツで試していないので、この辺は何とも言えませんが…。
 スポーツ等で、もう少し検証しないといけませんね。

電子シャッター
 ミラーレス機と言えば、電子シャッターが使えることもメリットの一つ。

 ピアノの発表会とか、学芸会とか、場の雰囲気を壊してしまうようなシーンでは、電子シャッターは必須。静音シャッターが必要なシーンというのは、結構あると思うので、積極的に使っていきたいですね。発表会等で、スマホのシャッターの爆音なんてもってのほかですもんね。

 気をつけなければならないのはローリングシャッター歪み。SONY α9 では、この現象がほとんど気にならないほど軽減されていますが、それ以外の機種では、起こってしまいますので、動体撮影はNG。スポーツではまるで使えません。

 Canon EOS Rでも電子シャッター(サイレントシャッター)は使えますが、ストロボはもちろんのこと、連写もできません。ONE SHOTのみ。この仕様はなんとかしてもらいたいですね。

どうでも良い日常を EOS R で撮る

 家内の最近の趣味が、クラフトテープバッグ作り。夜な夜な作ってます。編み方もいろいろあるみたいです。


 最近、半月板を傷めてしまい、整形外科でテーピングするように指示されるようになったこの頃( ̄◇ ̄;)。肩腱板損傷の治療に併せて、半月板損傷の治療が追加されてしまいました。
 肩も膝も悪いので、重いカメラシステムはダメです。ミラーレスが必須。SONY α 導入の一つの理由が、肩腱板断裂でした。EOS Rも十分軽量コンパクトなので、助かってます。



 アスペクト比 1:1 で撮ってます。トリミングではなくて、いろんなアスペクト比で撮れるのは、元祖はパナソニックだと思うのですが、最近のデジカメでは標準的な装備。

 EOS Rで残念に思うのは、アートフィルター機能がないこと。Nikon Z7、Z6にも、クリエイティブピクチャーコントロールとして、アートフィルター機能が内蔵されています。EOS R は、フラッグシップ機ではないので、こうした機能は搭載してほしかったですね。キヤノンは、今のところフルサイズ機には、アートフィルター機能は載せてこないようですが、今年中に出てくる EOS R のエントリー機はどうなんでしょうか。

↑このページのトップヘ