房総ねこの写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

タグ:F1.8

Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA で撮るイングリッシュガーデン

 単焦点で撮るとめちゃくちゃ楽しいですね。
 相変わらず下手くそヘボ写真ばかりだけどね( ̄◇ ̄;)。
 単焦点…って言うか、iPhone で撮るのと一緒ですね…iPhoneも単焦点ですから。でもね、一眼はやっぱり違うのですよ。最近のスマホのカメラは超高性能で、擬似的にボケの効いた画も撮れるのですが、やっぱりなんちゃってですから。だから一眼カメラを辞められない。




















動物対応のリアルタイム瞳AFはホントすごい

 SONYのAFってホントにすごいです。特に、今回のファームアップで、α7 IIIにも搭載された動物対応のリアルタイム瞳AFは、突き抜けています。








α6400は手ブレなし なのが惜しい

 みんなが言っていることだけど、α6400は、手ブレ補正がないのが一番惜しい点。動画に強く、自撮り対応のチルト液晶を搭載しているにも関わらず、α6500 の下位機種ということで、内蔵手ブレ補正を載せませんでした。
 Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZAのように、非常にコンパクトなフルサイズ用の単焦点は、α6400でも使いたいところですが、手ブレには要注意です。
 それにしても、ミラーレス機は、ノーファインダーで撮ることが多いんだから、内蔵手ブレ補正は絶対でしょ。カメラって商品なんで、戦略もあるので仕方がないのですけど、内蔵手ブレ補正を省いてしまったのは、絶対失敗だったと思います。α6500の後継機が近いのかな…。
 それと、いい加減、チルト式を辞めてバリアングルにして!




 昨年、キヤノンとニコンがフルサイズミラーレスに参入しましたが、どちらも新マウントということで、キヤノンに至っては、EFマウント、EF-Mマウント、RFマウントと、3マウントになってしまいました。ソニーは、1マウントということを大々的にアピールしておりますが、確かに、フルサイズ用のレンズをAPS-Cサイズ機でも使い回しできるのは非常に便利です。

SONY α6400 はすごい

 最近、職場で使うカメラは、専らSONY α6400となっていますが、使えば使うほど、このカメラのバケモノさにびっくりさせられます。私の仕事では、AFが命なので、非常に便利です。SONY α7 IIIよりも高速で、いつも感動させられています。

1インチも APS-Cも フルサイズも

 いつの間にか、SONY Cyber-shot DSC-RX100M6、SONY α6400、SONY α7 IIIと、SONY 3兄弟が揃ってしまいました ^ ^; 。これも、AF性能の凄まじさと高画質が故ですが…。
 1インチのRX100M6ですら、恐ろしく高速で、1インチとは思えないほどの高画質。私の場合は、RX100M6 が SONY沼の始まりです。あまりにも RX100M6 が素晴らしすぎて、α7 III を購入するに至ったことは、本ブログでも述べました。
 SONYの勢いは、もはや誰にも止められません。Canon派の私ですら、SONYを使わないということは不可能です。私がそうなんですから、全国レベルで、SONYのシェアは、とんでもないことになっているんでしょうね。Canon や Nikon にも頑張って欲しいですね。両社の猛追を期待しています。キヤノンはやってくれそう。



 Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA いいよね〜。キレもボケも素晴らしい。

私が SONY を選ぶ理由

 私が SONY を選ぶ理由は、高速なAF、それがただ一つの理由です。趣味にだけ使うのであれば、Canon 100%で行くでしょう。もともとCanonの画づくりが好きですからね。でも、私の場合、撮影の9割は仕事用なので、高速なAFが絶対です。AF-SならキヤノンのデュアルピクセルCMOS AFでも、十分に速いのですが、AF-Cや瞳AFのことを考えると、やはりSONY一択となってしまうのです。

 肌身離さず使うカメラとして、高倍率レンズ搭載の SONY Cyber-shot DSC-RX100M6 が見事に、私の用途にハマりまして、そこから、一挙に SONY沼へズブズブとはまってしまいました。

猫ちぐらで一晩を明かす

 白いネコの方は今のところ入りませんが、このネコは猫ちぐらがすっかり気に入ったようで、一晩この中で過ごしました。いつもはコタツの中で寝ているのに、猫ちぐらの中も温かかったのでしょうか。
 習性で、猫は狭いところ、囲まれたところが好きで、安心するみたいです。





 手間が掛かるので、さらにもう1個は編めないと家内は言っています。横で見ていますが、確かに大変。

↑このページのトップヘ