房総ねこの写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

タグ:F3.5-5.6G

久しぶりに晴れた
 ホントに久しぶりの晴れです。
 昨日は少々肌寒い一日でしたが、今日は一転、蒸し暑さが一気に戻りました。

 今日から3日間、茂原七夕まつりですが、明日からまた天気がイマイチという予報が出ているので、とりあえず、撮影に出かけてきました。
 今年で63回目ということで伝統あるお祭りです。63年も続いていることに敬意を表したいです。イベントを開催するというのはお金もかかるし、たくさんの人の協力がないとできないし、そもそも企画から運営まで大変な労力と時間がかかります。お陰様で、毎年楽しませていただいてます。











このレンズ只者ではない
 D5600やD5300、D3400のただのキットレンズと思ってバカにできません。実に素晴らしいレンズです。爆速AF(光学位相差AFだけでなく、コントラストAFでも、従来のNikonからするとかなり速い)ですし、画質も予想以上にいいです。神レンズと言っていいですよ。

 このレンズは、超おすすめです。Nikonのエントリー機をお求めの場合、必ずAF-Pレンズキットを選択してください。これまでは、ライブビューAFが遅いから、Canonにしたという人もいたのでは…。AF-Pレンズが出たので、十分闘えますね。

3
52mm相当 ISO8000 F4.5 1/160秒
 Nikon D7000では、DX55-300mm F4.5-5.6G VRはジャスピンだが、他のレンズは微妙にずれている。
 ・DX35mm F1.8Gは「-5」
 ・AF-S 50mm F1.8Gは「-5」
 ・DX18-105mm F3.5-5.6G VRは「-10」
 ・AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8Gは「-2」
 ・AF-S 70-300mm F4.5-5.6G VRは「-10」。
 FXレンズは、D3Sでは問題ないので、D7000ボディーがずれているようだ。AF微調整でちゃんと使えているので、個別登録して、そのままほったらかしていたのだが、気持ち悪いので、メーカーに送って調整してもらおうと思っている。

 位相差方式のカメラは実に面倒だ。…というか、これまでの私のNikon機は、こういうピンずれが起きたことは一度もなかった。やはり、D7000に問題があるとしか思えない。そもそも、このD7000は、DX18-105mmのレンズキットとして購入しているので、ピントの簡易検査もしないで出荷していることになる。ただ、ボディーとレンズを無造作に箱詰めしているわけだ。大量生産品なので、そういうものかもしれないが、ちょっとむなしい。

4
 見る方は、とっても楽しいけど、携わっている方々は大変だ。地域の夏祭りだって、計画、準備から運営まで、一苦労なのだから、これほどの祭りになると、並大抵の苦労ではない。
 山車の曳き手も、この暑さで大変。相当きついだろう。山車は4トンもある。
5

1 Panasonic の新型マイクロフォーサーズ機は、「へぇ…。」と思うだけでしたけど、OLYMPUS のマイクロフォーサーズ機は、結構気になりますね~。

 高画素化を目指すPanasonic とは、一線を画し、高感度画質とのバランスを考え、かなり手を入れた撮像素子センサー、LPFの調整、爆速AF、…などなど、非常に気になります。

 もともと、OLYMPUS の画づくりは好きだし、アートフィルターの遊び心、高精細な液晶ビューファインダー、 コンパクトで軽量なレンズ、ボディー内手ブレ補正、…OLYMPUS のものづくりのすばらしさに、心惹かれますね。

 新型マイクロフォーサーズ機が間もなく発表となりますけど、非常に楽しみです。E-P3、E-PL3、E-PM1、…わくわくしますね。2

↑このページのトップヘ