房総ねこの写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

タグ:F4

私がCanonとSONYを行き来した結果

 私はプロカメラマンではないし、カメラについてやたら詳しい訳ではないので、全て感覚的なものですが、Canonのカメラは、フィルム機から現行のEOS Rまで、SONYも、DSC-P1から現行のα7まで、相当数のカメラを使ってきました。実際に購入し、使った種類で言えば、結構な数を試してきました。

 CanonからSONYに乗り換えたこともありますが、結局Canonに戻りました。



 最新のSONYのカメラはスゴイんですよ。連写もAFも動画もホント凄い。でも、裏を返せばそこだけ。AFなんかは、ズバ抜けているし、老舗カメラメーカーすら寄せ付けないレベルにあります。でも、画質も含めて、トータルで言うならば、Canonの足元にも及びません。

 ちなみに、私はSONYも大好きなので、使い続けますけど。

 
 

EOS R で子どもは楽に撮れるか検証



 結論から言うと、子どもがちょろちょろ動き回る程度なら、EOS Rでも全く問題ありません。動きモノは、EOS 80D や EOS 5D Mark IVの方が確実っちゃ確実でしょうが、子どもを撮るのはノーファインダーの方が撮りやすいので、EOS Rは便利ですね。バリアングル液晶なので、縦撮りもお手の物ですしね。

 設定は、瞳AF、SERVO、高速連写にしてあります。









 ただ、顔認識、リアルタイム瞳AFは、SONY α7 IIIの方が格段に優れているので、簡単なのは、EOS R よりも α7 III の方ですね。子どもの記録を撮るのに、EOS R と α7 IIIとどちらがいいかと問われたら、α7 IIIと答えてしまうでしょうね。

 α7 III が8割打者なら、EOS R は7割打者なのです。 

長梅雨で心配したが、稲は着実に育っている



 今朝は、いきなり雨がザーッと降ってきたが、そうかと思うとカラッと晴れた。





EOS Rと EOS RPの違い

 EOS RとEOS RP を両方とも使ってみてわかったことは、当たり前だが、両者は全く違うカメラだということ。操作性は、もちろん明らかに違うが、画質も違う。トータルで全然違うのだ。



 デザイン、圧倒的な軽さ、モードダイヤルあり、…という点では、個人的にはRPの方が断然好きだが、どちらか一台を選べと言われれば、私ならRの方を迷うことなく選ぶ。

 プロでも、RとRPならRPの方がいいという方もいるのだが、私は、断然Rの方だ。
 その理由は、EVFの見え、3030万画素、バッテリーの保ち、グリップ、ゴミ侵入防止のシャッター、MFのしやすさ…にある。

 EOS RがEOS 6D Mark IIと類比されることが多いが、私は、RPの方が6D Mark IIと、Rは5D Mark IVと類比するのが妥当だと思う。それが一番わかりやすい。




SONY αシリーズとCanon EOS Rシリーズ

 SONY α7 IIIのセンサーとCanon EOS Rのセンサー、高感度耐性もダイナックレンジも、α7 IIIの方が間違いなく1段は上。AF性能も、α7 IIIの方が間違いなく上。瞳AFもα7 IIIの方が圧倒的だしね。

 でも、私はCanonの画が好きなんです。そしてCanonのカメラが好きなんです。だからどうしても、CanonからSONYに完全移行できません。SONYのカメラも好きだからあくまで併用です。Canonのカメラは写真機。SONYのカメラはガジェット。そういう違いですね。



 ↑まだRF 24-240mm F4-6.3 IS USMが発売になっていないので、RF 24-105mm F4 L IS USMで、がっつりトリミングしている。

スッキリしない天気の中で

 例年、佐原の大祭夏祭りは、暑さとの闘いとなってしまいますが、今年は、比較的涼しいお祭りでした。反して天気はイマイチで、写欲は上がらず…












 16:30を回った頃には雨までパラつく始末。大急ぎで帰路につきました( ̄◻︎ ̄;)。

↑このページのトップヘ