Camekichi 写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

タグ:F4-5.6

今日の猫
 結局、動きものを撮る以上、レフ機に頼らざるを得ないので、ミラーレス機は、あくまでもサブ機という扱いでしたが、OLYMPUS E-M1 Mark IIが出て、事情が変わってきました。E-M1 Mark IIは相当いいみたいですね。試してみる価値はありそう…ということで、E-M1 Mark IIを使ってみることにしました。

 普段の私なら、発表があった段階で、即予約で発売日に受け取り…というパターンでしたが、最近踏ん切りが悪くなり、もたもたしているうちに、メーカーから供給遅延のアナウンスとなってしまいました。

D750のサブ機として

DSCN0576
by Nikon COOLPIX S9900
 D750をメイン機とするとD7200は少々重いので、サブ機を探していました。
 ミラーレス機でもよかったのですが、やはり動き物のことを考えたら、レフ機しか選択肢がありません。最近は、ミラーレス機でも、AFがまずまず追従できるものもありますが、当然ながらレフ機には敵いません。さらに、できるだけ軽量で、機能はある程度のものを…となると、D5500一択でした。D5500は、メイン機にしてもよいくらいの優等生です。

 モノコック構造ボディーで軽量コンパクト、レンズも沈胴式のダブルズームで構成すればトータルでコンパクトです。コンパクトなレフ機といえば、Canon EOS Kiss X7もありますが、AFはNikonには及びません。ダブルズームキットでも5万円を切り、コストパフォーマンスは抜群ですが…。余談ですが、Kiss X8は、さらに小型化されるとか。レンズとのバランス、ブレ対策、…等々ありますが、より小型で軽いレフ機も需要は高いのではないでしょうか。

 CanonでいうとEOS 8000Dあたりも候補になりますけど、こちらはAFが不安定で、結構な確率でピンが来ません。AFに目を瞑れば、なかなか魅力的なカメラではありますが。Nikon 1もありますけど、こちらは画質が同じ1インチセンサーのSONYのRX100シリーズに比べると一歩も二歩も劣りますし、これも一見AFに強そうで、実は思わぬところで背景に抜けたりすることもままあります。

Nikon D5500 のレンズキット

DSCF5151

 キットはどのタイプがよいでしょうか。DX18-140mm F3.5-5.6 G VRのキットという手もありましたが、自分の使用シチュエーションを考えると、望遠端が最低でも200mm(300mm換算)は欲しい。DX18-55mm F3.5-5.6 G VRとDX55-300mm F4.5-5.6 G VR IIのダブルズームキットということも考えましたが、DX55-300mm F4.5-5.6はAFが劇遅なので却下。標準ズームキット+DX55-200mm F4-5.6 G VR II という独自のセットにしました。DX55-200mm F4-5.6 G VR IIは、発売当初は、4万円前後という高値でしたが、最近は、1万4,000円前後で買えるので、メーカーが設定した標準ズームキットにDX55-200mm F4-5.6 G VR II

 DX55-200mm F4-5.6 G VR IIは、沈胴式で非常にコンパクト。しかもAFは速い…ということで、軽量スリムボディーのD5500に相性のよいレンズです。DX18-55mm VR+DX55-200mm VRというダブルズームキットがないことが不思議なくらいです。D5300のダブルズームキットは、この組み合わせなんですけどね。逆にD5300のダブルズームキットとの差別化なんでしょうか。併売されてますからね。

画質





 1秒だと歩留まりが悪くなりますけど、1/4秒くらいだと、大方大丈夫ですね〜。相変わらず、すごい手ぶれ補正です。

 手ぶれ補正はOLYMPUSの真骨頂。いくら5段分の世界最強の5軸手ぶれ補正と言えども、低速域でシャッターブレを起こしていては、何の意味も持ちませんが、OLYMPUSの持病とも言うべき、例の微ぶれ問題も、見事に解決しています。1/320秒以下での先幕電子シャッター、または完全電子シャッター(16,000秒まで対応)、さらには、シャッターユニットをダンパーを使って浮遊させて、ぶれを吸収してしまうという大技を使っています。

 微ぶれに関しては、やいのやいの言う人が多かったんでしょうね…私も、その一人ですけど。OLYMPUSも研究を重ねて、現在の形に。今のところ微ぶれはなしです。E-P5では嫌な思いをしましたけど、これで名実ともに、世界最強のブレないカメラになったと思います。

 ↑上の画像は、電子シャッターは使っていません。ノーマルでの撮影です。フローティングシャッターユニット(シャッターユニットをダンパーを使って浮遊させている機構)のおかげでしょうか。
e-m5
(田中希美男氏のブログPhoto of the Dayより) 
 E-M5 Mark IIのシャッター音は非常に小さいのが特徴で、静音モードの必要性を感じないほど静かです。これも、フローティングシャッターユニットの恩恵です。ものすごい発明だと思うのですが、メーカーは、このことについてあまり触れていません。 


 しばらくOLYMPUS機は買わない…と決めていたのですが、結局こういうことになってしまいました。

 Canon EOS 7D Mark II が、屋内で、もうちょっとAFがバシッと決まってくれれば、OLYMPUS機に手を出すことはなかったと思いますが、屋内での7D Mark IIのAF性能に不満が積もり、結局OLYMPUSに戻ってきてしまいました。…位相差AFの限界を感じてしまいました。位相差AFを突き詰めると、EOS 5D Mark IIIやEOS-1D Xクラスでないと、結局は不満が出てしまいます。

 多分、EF 24-70mm F2.8 L IIやEF 70-200mm F2.8 L IIを買い足せば、もっとよい結果が得られると思いますが、大きすぎ、重すぎで、持ち歩くのもなぁ…。経費もかかりすぎだし。

 FUJIFILMのXシリーズなら画質は確かだし、のんびり撮影なら、AF精度も高いのですけど、AFスピードも…と考えると、現状ではマイクロフォーサーズかSONYのα6000しかありません。α6000はタッチパネルAFがないし、APS-Cサイズで、レンズも大きくなりすぎ、そもそも専用レンズの充実度も、まだまだ途上。

 結局M.ZD 40-150mm F2.8 PROを使いたいということも後押しし、E-M5 Mark IIになりました。E-M1のキャッシュバックキャンペーンがあったので、買い戻しも考えたのですが、レフ機がメインの私にとっては、E-M1は大きすぎるし、フォーサーズレンズを使うことも、多分ないので、よりコンパクトなE-M5 Mark II にしてみました。

 決め手は、E-M5 Mark IIもシャッタースピード1/8000秒に対応したこと、防塵・防滴であること、バリアングル液晶になったこと、手ぶれに強いこと、動画にも強くなったこと、画質が向上した新型14-150mm F4-5.6もキットに組み込まれたこと、ボディーデザインがより精悍になったこと、質感がよいこと…です。

 ボディーの大きさは、2/3型のFUJIFILM X30とあまり変わらないんですよ。厚みで言えば、E-M5 Mark IIの方が薄いくらいです。 

 精悍なデザインになりましたが、ポイントは、OM-Dシリーズのデザインを決定づけるファインダー部のデルタ形状ですが、個人的にはこのE-M5 Mark IIが一番好みの仕上がりです。

 

↑このページのトップヘ