房総ねこの写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

タグ:IS

EF-M 18-150mm F3.5-6.3 IS STM 一本勝負

 日帰りの小旅行。ネコのいるイングリッシュガーデンに行ってきました。EOS M6 Mark II の試写ロケですね。今回は敢えて、高倍率キットレンズの EF-M 18-150mm F3.5-6.3 IS STM のみで撮ってきました。






 画質の良し悪しは、もちろん客観的な部分もありますが、そこには個人の感じ方、好みの要素も含まれますので、実際の写真をご覧になって、判断いただければと思います。等倍にして見ることもできますので、細部までチェックすることもできます。
 私は、十二分に高画質だと思いました。画質面でも満足度は高いです。

Canon EOS M6 Mark II の操作性

IMG_5799

 前のレポートでも述べましたが、EOS M6 Mark II の操作性は、なかなかよいです。とかく、エントリー機と謳っているカメラは、ボタン、ダイヤルの数が最小限となっていて、操作性が犠牲になっているものですが、EOS M6 Mark II については、そんなこともなく、ボタンもダイヤルも充実していて、高い操作性を誇っています。

IMG_5803

 メイン電子ダイヤル、サブ電子ダイヤルの他に、コントロールホイールもあって、それぞれが役割分担でき、非常にスムーズに様々な設定することができます。ダイヤルファンクションボタンも、よいですね。これを押すと、変更可能な項目の一覧が表示され、素早く選択することができます。

 キヤノンは、タッチパネルによる操作も快適で、タッチAFやタッチシャッターだけでなく、メニューも全てタッチで選択できます。SONY機は、タッチパネルが中途半端で、この点においては、断然キヤノンの方が上ですね。







EOS M6 Mark II のAF設定

 AF方式が4種類しかないのは、ちょっと寂しいですが、まあ、個人的にはさほど不便にも感じてはいません。普段 EOS R を使っているので、領域拡大、ラージゾーンがあると、さらに便利になるのにな…と、ちらっと思います。

 私は、シャッターボタンの脇のM-Fnボタンも多用する(AF方式の変更…AFフレームボタンを押した後で、M-Fnを押すと、AF方式を変更できます)のですが、EOS M6 Mark II のM-Fnボタンは、フラットで、ファインダーを覗いたままだと、どこにあるのか、イマイチわかりません。もうちょっと出っ張らせて欲しかったです。こういうのって、実際使ってみないと分からないもんです。



 猫は、ちょこちょこ動くので、さささっと、AF方式、AFポイントを選択しないと、シャッターチャンスを逃してしまうので、操作性のよさが大事。EOS M6 Mark IIは、ちゃんと応えてくれるカメラです。

 ただ、動物対応の瞳AFがあれば、もっと楽になります。この点、SONYの圧勝。猫撮りなら、SONY αですね^^;。キヤノンも動物対応の瞳AFを搭載して欲しい。






EOS M6 Mark IIって名機じゃね?

 SONY機の影に隠れてしまっていて、表に全然出てきていない感が漂っている EOS M6 Mark IIですが、一日触っているだけで、素晴らしさがジンジン伝わってくるカメラです。



 キヤノンは、そのHPを見ると、EOS M6 Mark II をエントリーモデルの範疇に入れており、しかも「初心者にオススメ」としています。それなのに、AF追随連写秒14コマという信じられない高速連写、しかもブラックアウトフリー。これだけでも、エントリーモデルとは言えないほどの高機能。



 APS-Cサイズ機としては、世界最高レベルの3250万画素という高画素、しかも常用ISO感度はISO100-25600。↑実際ISO25600で撮っていますが、ちゃんと見られるレベルですね。低輝度限界-5EVだし、もはやエントリーモデルとは言えないのではないでしょうか。

 キヤノンは、出し惜しみなしで、EF-M マウント機も全力で作ってます…というのがひしひしと伝わってきます。EOS 90Dも結構売れているようですけど、このEOS M6 Mark II も相当凄いカメラです。

EOS M6 Mark IIの「ここがすばらしい!」
IMG_5794
☆一番驚いたのが、チルト式液晶モニターの裏のボディーに貼られた、シボ加工布。普通ここには何も貼りません。こんな隠れたところまで、ちゃんと作っているなーと感心させられました。

☆高速連写でも、画面はブラックアウトフリー。ブラックアウトフリーは、SONY α9、SONY Cyber-shot DSC-RX100M7のようなカメラにしか搭載されていません。秒14コマというだけで、驚きの性能ですが、それがブラックアウトフリーとは( ̄□ ̄;)。

☆何といっても嬉しいのが、たったの408gという軽量ボディー。EF-Mマウント機なので、驚くほどコンパクト。
IMG_5796
☆キヤノンのカメラの特長の一つに、操作性の良いダイヤルが装備されていることが挙げられますが、最近のキヤノン機は、サブ電子ダイヤルが軍艦部に移動してしまって、十字キーの周りのダイヤルが省かれてしまっているのですが、EOS M6 Mark IIには、十字キーの周りに、コントロールホイールとして、従来のサブ電子ダイヤルが残されているのです。ここが非常に嬉しい。私としては、訳のわからないEOS Rのマルチファンクションバーよりも余程使いやすいので、大変嬉しいポイントです。

レンズ交換式のお散歩カメラが欲しい
IMG_5787
 EOS R も EOS RPもいいのだけれど、如何せん大きくて重い。もっと気軽に持ち歩けるレンズ交換式カメラが欲しい…という訳で、EOS M6 Mark II を購入しました。

 SONY α6400 や α6600 でいいじゃん… という声も聞こえてきますが、確かにAFは抜群にいいのだけれど、出てくる画の色が好みじゃないのですよ。やっぱりキヤノンでないと、自分には合わない。



 ただ、キヤノンのミラーレスだと、どうしても動きモノに不安が残るので、だったら今は繋ぎとして EOS 90D にしておき、光学位相差AFを併用して使っていくか…と、最後の最後まで、EOS M6 Mark II とEOS 90D とで悩みまくっていましたが、結局は、システムが軽量コンパクトな EOS M6 Mark II で落ち着きました。EF-Mマウントに一抹の不安はなかったかというと、全くありませんでした。EOS Kiss M も相当良かったからね。RFマウントで、APS-Cサイズ機を作っても、ここまで小さくはできないでしょうし。



 動きモノは、もうSONYに任せます ^^;。キヤノンが成熟するまで併用です。
 と言っても、キヤノンの最新のデュアルピクセルCMOS AFも、相当進化していて、動きモノも結構イケますので、運動会程度の動きモノなら、最新ファームのキヤノンのミラーレスでも問題ありません。



ファーストインプレッション

 EF-M マウント機では、EOS M5 の方が最上位モデルで、EOS M200 が入門モデル。EOS M6 Mark II は中級モデルという位置付けかと思います。

 EOS M6 Mark II は、プラスチッキーなボディーではありますが、チルト液晶の内側のボディーにまで、シボ加工された布が貼られるなど、細部に渡ってよく作り込まれています。第一印象としては、まずまず。小ささは正義ですから、コンパクトさが一番嬉しいですね。



 ちょっと心配なのは、APS-Cサイズ機で高画素3,250万画素。画素数そのものというよりも、EF-Mレンズでちゃんと解像するかどうかということ。EF-M 32mm F1.4 STM やEF-M 28mm F3.5 マクロ IS STM は大丈夫そうですが…。

 EOS M6 Mark II の不満点は、取り敢えず、①チルト式液晶モニターと②外付けEVF、③連写できない電子シャッター。同等レベルのEOS Kiss M IIが出たら、すぐ買い換えようっと。

 ①私は、断然バリアングル派です。バリアングルが大嫌いという方がいることも知っていますが、私は逆にチルト式が大嫌い。縦位置を多用するので、バリアングルが絶対です。

 ②EVFは絶対必要。ピーカンだと背面液晶はまるで役に立ちません。撮影時にボディーやレンズも安定しませんしね。外付けでもEVFが用意されていることはありがたいことですが、外付けだと、どこかに引っ掛けてしまいそうだし、バッグにそのまましまった時に、壊してしまいそうで不安。いちいち外したり付けたりも面倒だしね。EVFは内蔵の方がいいです。

 ③これがキヤノンの謎の仕様。せっかくの電子シャッターで連写できないってどういうこと? 早急に改善して欲しい。



 結局のところ、このカメラの選択が「あり」か「なし」かでいうと、もちろん「あり」。大変気に入りました。 

私がCanonとSONYを行き来した結果

 私はプロカメラマンではないし、カメラについてやたら詳しい訳ではないので、全て感覚的なものですが、Canonのカメラは、フィルム機から現行のEOS Rまで、SONYも、DSC-P1から現行のα7まで、相当数のカメラを使ってきました。実際に購入し、使った種類で言えば、結構な数を試してきました。

 CanonからSONYに乗り換えたこともありますが、結局Canonに戻りました。



 最新のSONYのカメラはスゴイんですよ。連写もAFも動画もホント凄い。でも、裏を返せばそこだけ。AFなんかは、ズバ抜けているし、老舗カメラメーカーすら寄せ付けないレベルにあります。でも、画質も含めて、トータルで言うならば、Canonの足元にも及びません。

 ちなみに、私はSONYも大好きなので、使い続けますけど。

 
 

EOS R で子どもは楽に撮れるか検証



 結論から言うと、子どもがちょろちょろ動き回る程度なら、EOS Rでも全く問題ありません。動きモノは、EOS 80D や EOS 5D Mark IVの方が確実っちゃ確実でしょうが、子どもを撮るのはノーファインダーの方が撮りやすいので、EOS Rは便利ですね。バリアングル液晶なので、縦撮りもお手の物ですしね。

 設定は、瞳AF、SERVO、高速連写にしてあります。









 ただ、顔認識、リアルタイム瞳AFは、SONY α7 IIIの方が格段に優れているので、簡単なのは、EOS R よりも α7 III の方ですね。子どもの記録を撮るのに、EOS R と α7 IIIとどちらがいいかと問われたら、α7 IIIと答えてしまうでしょうね。

 α7 III が8割打者なら、EOS R は7割打者なのです。 

↑このページのトップヘ