房総ねこの写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

タグ:M.ZD

マイクロフォーサーズなのに、でかい( ̄□ ̄;)



 マイクロフォーサーズなのにでかい!これに尽きるんだろうと思います。
 ただ、M.ZUIKO DIGITALレンズの中でも、超望遠レンズ、明るい望遠ズームを使おうと思うと、これくらいのボディーの方がしっくりくるのは間違いないことで、ニーズはそれなりにあるでしょうね。

 いくら高機能だからといって、こういった機種がバカ売れするとは、メーカーも思ってはいないでしょうけど、OLYMPUSがフルサイズには行かず、マイクロフォーサーズを貫くという強いメッセージは感じますね。

 私の場合、メイン機はフルサイズ機(?)なんで、マイクロフォーサーズを併用するんなら、OM-D E-M10 Mark IIIあたりがちょうどいいんでしょうけど、高機能を追求すると、現時点では OM-D E-M1X になってしまうんですよね。

面白すぎてショット数激増



 OLYMPUS機って、やはり非常に面白いカメラなんで、ついついショット数が多くなりますね。
 梅雨空で、屋外でほとんど撮れない状況なんですけど、ちょこっと撮っただけなのに、気が付いたら今朝の出勤前だけで700ショットもありました。



ちょこっと使ってみての感想

 まだまだそんなに使っていないので、的外れだったらごめんなさい。

 AF-Sに関しては、もう一眼レフと同等。それもかなり速いマシンと遜色ありません。素晴らしいレベルです。動体については、まだ試してないので何ともわかりません。E-M1 Mark II では、まだまだという感じでしたが、E-M1X は別モノという評価を聞いていますので楽しみです。これから検証していきます。

 シャッターのキレも抜群にいいです。シャッター音は非常に小さい。音自体は好みですね。キヤノンの安っぽい音とは違います。シャッター音やキレもカメラマンにとっては大事なファクターですからね。これは合格。

  あと、カメラの大きさ。手に入れようかどうしようか考えていたときは、やはり大きさと重さがブレーキとなっていたのですけど、実際手にしてみると、思っていたよりは気にはなりませんでした。
 Nikon D3Sも使っていたので、縦位置グリップ一体型に抵抗感はなかったのですが、フルサイズよりは、当然小さいので、問題ありませんでした。むしろ、きちんとグリップできるので、これいいなと思っています。当たり前だけど、縦位置撮りはめちゃくちゃやり易い。ただ、やたら嵩張るので、バッグが困っています。レンズを付けたままだと収まりはかなり悪いですね。




手持ちハイレゾショット



 ハイレゾが手持ちでできるのが驚き。OLYMPUSついにやったなと思います。

OLYMPUS OM-D E-M1X ファーストインプレッション



 OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIとは別モノのE-M1Xということですが、センサーは据え置きで、イマイチ代わり映えのしない感じを持っていましたが、確かに画質は変わらないような…。連写コマ数も同じだし、測距点も同じで、あまりインパクト無し。

 驚くべきは、マイクロフォーサーズ機らしからぬボディーサイズと重量。そもそもマイクロフォーサーズ機で縦位置グリップ一体型とは、それだけでインパクト大。しかもお値段もフルサイズ機が楽に買えてしまうというもの。どう考えてもバカ売れする機種ではない。この金額なら間違いなくフルサイズ機を買うよね…。

 では、私はなんで E-M1X を買うんだという話ですが、正直あまり決定的な理由はありません。

 取ってつけたような理由を述べると…
・堅牢なボディー(最強の防塵防滴性能)
・レンズまで含めたトータルシステムだと軽量
・最強のダストリダクション
・最強のボディー内手ブレ補正
・磨きがかかったAF性能(特に動きモノ…インテリジェント被写体認識AF)
・プロキャプチャーモード
・深度合成モード
・手持ちハイレゾショット

  平たく言うと、最強のマイクロフォーサーズ機を使ってみたかっただけですね^^;。


OLYMPUS好きからE-M1Xへ



 キヤノンと並んで、カメラメーカーで好きなのは、OLYMPUS。もちろんその画づくりからですが。
 フィルム機はもちろんですけど、デジタル時代になって、OLYMPUS E-1から始まって、OLYMPUS機は、全機種ではないですけど、いろんなカメラを使ってきています。
 OLYMPUS OM-D E-M1Xは、マイクロフォーサーズの良さをスポイルしてしまうかのような大きさ、重さを持つカメラですけど、その性能から、非常に気になっていました。またすぐに売ってしまうかもしれませんけど、どうしても試してみたかったので、導入しました。しばらく使ってみます(^_^;)。




 デフォルトで撮ってしまい、顔認識で、なぜか手前の座布団にピンが来てしまったので、アートフィルターでごまかしています( ̄□ ̄;)。ネコは、気ままなので、もう二度とこのポーズは取ってくれませんでしたので、仕方がありません。
 なぜ、アートフィルターの画があったのかというと、私は、OLYMPUS機では、いつもアートフィルターブランケットをかけているからです。1回のレリーズで、複数のアートフィルターの画が記録されます。

鞄を新調しました
 ヨドバシカメラで購入した AirとiPad Pro用のヨドバシカメラで購入した鞄が、へたってきたので、新しい鞄を物色していましたが、馴染みの鞄屋さんにまあまあ良さげなのがあったので即購入。


 ちゃんとしたタブレットバッグの方がよかったのですが、地元では、そういうのはなかなか手に入れられないので、まあ、これでよしとしましょう。普通のワンショルダー型のボディーバッグですが、一応、MacBook AirとiPad Proがピッタリ入ります。中はクッションも入っていて、多分タブレットを入れることを想定しているようです。

↑このページのトップヘ