房総ねこの写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

タグ:MACRO

キヤノンの画はホッとできる

 キヤノンの画は、ホント安心感がありますね。…私の個人的な感覚ですが。
 結局、私の行き着くところはキヤノンなんですよね。今のEOS Rシリーズは完成形ではありません。AFも連写速度も、動画も、もっと洗練していかなければ、α の牙城は崩せないでしょう。
 とは言っても、メカニックも大事ですけど、写真は詰まる所、画ですから、最終的にどういう画を結ぶかということが重要です。




Canon EOS RP

 今更ながら、私には SONY の画づくりは、性に合いませんでした。
 SONY α7 III をどうしても使いたいので、どうにか使っていこうと努力はしたのですが、やはりダメでした。どんなに優れた性能を持つカメラでも、発色が自分に合っていなければ、どうにもなりません。
 SONYさんには申し訳ないけど、SONY機が作り出す画は、フラットし過ぎて、満足感が全く得られません。撮影地で α で撮っても、全然楽しくないし、α で撮っていた時間を巻き戻したいとさえ思うようになっていたのです。
 フォトショップなどで、ちゃんと調整すれば、自分に合った画に近づけられるのでしょうが、私は、画像処理ソフトでいじらず、JPEG撮って出しを基本としているので。
 これは、好みの問題なので、仕方がありません。逆にキヤノンに対して、同じように思う方もいるかもしれませんからね。



 …というわけで、またキヤノンを使っていきます。α7 III の代わりなので、EOS Rではなくて、EOS RPの方です。コンパクトなフルサイズが必要なので、新たに EOS RP を導入しました。センサー前のシャッターが省略されているし、最高シャッタースピードが1/4000秒、AF追随の連写も秒4コマ…等々が引っかかるものの、コンパクトさを重視しました。
 普段はEOS RP、ここぞというときは EOS R、というように使い分けていきたいと思います。
 尚、SONY機も併用します。α の超高速レスポンスは、一度味わってしまうと、そう簡単に捨てるわけにもいかず、使っていきます。動物対応の瞳AFもありますからね。



 やっぱり、キヤノンの画づくりは、しっくりくるわ〜。


 恵方巻きは、我が家にそもそもその習慣がないので買ったことがありませんが、それにかこつけて、恵方巻き抹茶ロールというのを食べました。お菓子業界も、恵方巻きまで取り込んでしまうとは…すさまじい商魂ですね~。


 iPhone5は、スルーしようと思っていました。LTEに対応したくらいで、4Sから機能が大きく変わったわけではないし、どうせ今年5Sが出るだろうから…と考えていました。何しろ、私が住んでいるところや活動範囲では、LTEの恩恵が今の段階では、ほとんど受けられません。加えて、最近、興味がタブレットの方へ向いていて、正直、携帯電話への執着が全くなくなっているので、積極的に機種変更しようとは思わなくなっています。老眼も進んでいるので、iPhoneの文字は読みにくいし…(^_^;)。携帯電話は、電話とメールができればOKという感じです。

 ただ、LTEフラットキャンペーンと、デザリングオプション最大2年間無料で、合計1,050円×24か月分が安くなるというauのキャンペーンが今月いっぱいで終わりということで、駆け込み購入することになりました。デザリングができれば、eMobileは解約できるというもくろみがあるので。
 地元のauショップでは、64GBが最後の1台でした。一番人気の32GBも全く在庫なし。11月までは結構在庫があったのですけど、今はほとんど入ってこないと言っていました。


 テレビの前に居座って、邪魔で映画が見られません。

↑このページのトップヘ