房総ねこの写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

タグ:Macro

ついに、サイレント撮影時の連写に対応

 待ち望んでいたサイレントシャッターが連写で使えるようになりました。
 初めから付いているのが当たり前でしょ?という機能ですが、やっとEOS Rでも対応してくれました。私は α7 III でよく使う機能なので、嬉しいです。

 ちなみに、RF 24-105mm F4 L IS USM でこの機能を使うには、RF 24-105mm F4 L IS USMの方もVer.2.0.0にファームパップしなくてはなりません。

ついに、白いネコも猫ちぐらに入りました

 白いネコの方は、お気に召さないのかと思っていましたが、入っていました(^_^;)。
 こちらは、連写のサイレントシャッターで撮っています。




工事中につき

 「猫ちぐら」最後の工程…天井部の仕上げのため、ネコは入れず、コタツ布団で寝るの図。
 ネコって、人間の赤ん坊と一緒で、眠くなると、寝かしてもらいたくて、スリスリしてきて、めちゃくちゃ甘えます。散々甘えた後、猫ちぐらに潜り込むのですが、今日はないので、コタツ布団の上で就寝。




 写真だと、あんまり伝わらないかもしれませんが、この「猫ちぐら」、結構デカイです。


寒波で天気もイマイチ…引きこもり

 千葉では、2月に大雪というのがここのところのパターンで、今のところ雪は降っていませんが、東京はすでに雪なので、数時間で千葉も降雪になる模様。
 こういうときはおとなしくコタツに潜り込んで雪をやりすごすしかありません。屋内で猫でも撮って遊びますか…。ホントは紅梅を見に行こうかと思っていましたが、残念。
 厄介なのが、週明けの積雪での通勤です。降ってもすぐに溶けてくれることを祈るのみ。




 RF 35mm 1.8 Macro IS STM は、EF 50mm F1.8 STM よりも遥かに画質が良いので、RF 50mm F1.8 IS が待たれますね。 

RF 35mm 1.8 Macro IS STM はどんなレンズか

 RF レンズは、まだまだ少なくて、購入しやすいレンズは、RF 24-105mm F4 L IS USMと、このRF 35mm 1.8 Macro IS STMの 2本になるかと思います。
IMG_3179
 RF 50mm F1.2 L USMなんて、30万円弱、RF 28-70mm F2 L USMに至っては、36万円弱となっています。どちらも素晴らしいレンズですけど、気軽に買える玉じゃありません。並単やお気軽ズームが充実していくといいですよね。
IMG_3168
 さて、結論から言って、RF 35mm 1.8 Macro IS STM はめちゃくちゃいいレンズです。

 <気に入っている点>←私個人の勝手な感想です。
  1. 軽量コンパクト
  2.  手ブレ補正 IS 付き
  3. 画質が良い
  4. AFもまずまず高速
  5. 広角35mmは、スナップにもちょうど良い画角
  6. マクロ (ハーフマクロだけどね)
  7. 安いというほどでもないけど現行RFレンズの中では低価格 

 IS付きなのに、軽量コンパクト…たったの 305g ですからね。35mmのマクロって私的には初めて何ですけど、そもそも35mmという画角が好きなので、それにマクロが付いていて便利…という感覚です。軽量コンパクトで、スナップに便利で万能な 35mm、しかもマクロ付きとなれば、これ1本で出かけられるというレンズです。それをキヤノンも狙っているのかもしれません。
IMG_3169
 50mmマクロなら一般的ですが、50mmだとちょっと狭いというシーンもありますからね。35mmなら、あらゆるシーンで使えます。
 もし、EOS R で 1本だけレンズを持って出かけるとしたら、絶対にこの RF 35mm 1.8 Macro IS STMですね。SONY RX1 のような感覚ですね。
IMG_3173
 Canon EOS R をお持ちの方なら、間違いなく"買い"のレンズです。

作例

 画質もなかなかのレベルにあります。



 ボケる広角っていいですね〜。ボケも自然な感じです。


 AFもそこそこ速いので、シャッターチャンスは逃しません。 

今日のネコ
 今日は、朝は雨、止んでも暴風で、家にこもっています。ネコには関係ないけど…。

 マクロなんだけど、28mm(換算約45mm)なので、何かと使いやすいレンズです。マクロは中望遠の方がいいのになぁ…とも思っていましたけど、これはこれであり。


 

↑このページのトップヘ