Camekichi 写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

タグ:Merrill


 職場には専属のカメラマンがいますが、私も、仕事上、毎日かなりの数を撮りますから、結構カメラをハードに使っている方だと思います。下手くそですけどね。OLYMPUS PEN Lite E-PL5の稼働率が高く、すでに80,000カットを超えました。フィルムではあり得ない使い方です。

 フルサイズの一眼レフに比べればまだまだですけど、OLYMPUS PEN Lite E-PL5は、十分仕事に堪えるカメラです。SONY α NEX-5Rの方はというと、私の仕事にはちょっと非力です。NEX-5Nよりは、だいぶよくなっているのですが、AFがまだまだです。屋内の明るいレンズでは、MFしか使えないし、屋外でも、結構な確率で背景に引っ張られます。スピードも、OLYMPUS機よりも1テンポ遅いので、シャッターチャンスを逃します。 

 私の仕事に堪えるカメラは、フルサイズの一眼レフ(APS-C型機だと、Nikon D300系のみ)と、OLYMPUS機、Nikon1くらいです。 いろいろ使ってみると、AF性能が高いカメラって意外に少ないんだなぁ…ということが実感されます。Nikon以外の像面位相差AFも、まだまだで、今後に期待です。


 房総半島の最南端、館山市の「南総里見まつり」に行ってきました。 以前は、遠くて難儀しましたが、館山道が全線開通したので、私の住んでいるところから、高速1本で行けるので楽ちんです。ここ数年は毎年訪れているおまつりですが、昨年は行きませんでした。なぜ行かなかったかは覚えていませんが…昨年度から、おまつりの会場が変わり、海岸になりました。

 山車は、電線があると動きにくいので、海岸線の一部を電線地中化したこの場所なら便利。もともと海岸の景観をよくしようとした事業ですが、おまつりにも活かせるので、大変よいことです。千葉県は、電線の地中化が遅れていますけど、観光資源をたくさんもっているのですから、強力に推し進めるべきです。




 飽きもせず、今年も行ってきました…埼玉県日高市の巾着田。ホントは、今年は幸手市の権現堂堤の彼岸花で終わりにしようと思っていたのですが、やはり巾着田の規模に勝る彼岸花の群生は他にないので、思い切って行ってきました。ものすごい渋滞に巻き込まれるのが分かっているので、躊躇しましたが、行ってしまいました。…そして渋滞。帰りは首都高の大渋滞にもはまってしまい4時間半。

 スタンダードだと飽和してしまうので、ニュートラルで撮っています。

 葉っぱ一枚一枚まで、くっきり描き切るMerrillセンサーと、SIGMA 19mm F2.8のすばらしさ。ぜひ、オリジナルサイズでご覧ください。

↑このページのトップヘ