房総ねこの写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

タグ:R

RF 35mm 1.8 Macro IS STMでいいの?

 Canon EOS RPのキットとして設定されているのは、RF 35mm 1.8 Macro IS STMです。ホントなら、RF 24-105mm F3.5-5.6 IS USM のようなレンズが欲しいところですが、開発が間に合わなかったのでしょう。
 今回、開発が発表されたRF 24−240mm F4-6.3 IS USMですら間に合わなかったのですから。本来は、RF 24-240mm F4-6.3 IS USM をキットにすれば、もっと訴求力があったのではと思います。高倍率は万能ですからね…APS-C型機では、18-135mm というレンズがかなり一般的になっています。



 それでも、RF 35mm 1.8 Macro IS STMをキットにしたのは、良いことだと思います。画質が良いのはもちろんのこと、単焦点で35mmは万能画角ですし、ハーフマクロ付きだし、価格もそこまで高くはないです。この35mmを使いこなして、ここから自分に合った画角のレンズを増やしていくのが良いかと思います。

RF 24-240mm F4-6.3 IS USM

 このレンズは、実は私が一番欲しいレンズです。私の仕事では、レンズ交換している暇がないので、こういう高倍率レンズが必須。以前はボディー2台持ちで、24-105mm+70-300mmのような使い方をしていたのですが、最近は体力もなくなっているので、2台持ち歩きは無理。

 キヤノンは、EF28-300mm F3.5-5.6 L IS USMのような高倍率しか持っていません。私も一時使っていましたが、Lレンズということで1.67kgという巨体。とても普段使いできるような代物ではありませんでした。

 かといってタムロンの高倍率では、どうにも画質が良くないし、ボディーとの相性も良くなく、結局は高倍率レンズのために他社機を使う羽目になりました。例えば SONY α7 III+FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS。FE 24−240mmがなかったら、多分 α7 III を購入することはなかったでしょう。αはAFの素晴らしさもあっての購入ですが。

 今回、RF 24-240mm F4-6.3 IS USM が発表されたので、非常に楽しみにしています。 

RF 35mm 1.8 Macro IS STMで料理を撮る

 RF 35mm 1.8 Macro IS STMは、35mmというスナップに最適な画角に、ハーフマクロが付いている、ホント便利なレンズです。


 料理等を撮るときは、絞りを開けるのはダメで、ある程度絞らないといけません。

 フルサイズなので、最小絞りまで絞っても、そこまで破綻はしません。


 せっかくのフルサイズ機なので、適度に絞って、ボケも入れてと、どうにでも撮れますね。どこにピンを持ってくるのか…とか色々考えるのも楽しいですね。

ついに、サイレント撮影時の連写に対応

 待ち望んでいたサイレントシャッターが連写で使えるようになりました。
 初めから付いているのが当たり前でしょ?という機能ですが、やっとEOS Rでも対応してくれました。私は α7 III でよく使う機能なので、嬉しいです。

 ちなみに、RF 24-105mm F4 L IS USM でこの機能を使うには、RF 24-105mm F4 L IS USMの方もVer.2.0.0にファームパップしなくてはなりません。

ついに、白いネコも猫ちぐらに入りました

 白いネコの方は、お気に召さないのかと思っていましたが、入っていました(^_^;)。
 こちらは、連写のサイレントシャッターで撮っています。




工事中につき

 「猫ちぐら」最後の工程…天井部の仕上げのため、ネコは入れず、コタツ布団で寝るの図。
 ネコって、人間の赤ん坊と一緒で、眠くなると、寝かしてもらいたくて、スリスリしてきて、めちゃくちゃ甘えます。散々甘えた後、猫ちぐらに潜り込むのですが、今日はないので、コタツ布団の上で就寝。




 写真だと、あんまり伝わらないかもしれませんが、この「猫ちぐら」、結構デカイです。


猫ちぐらで一晩を明かす

 白いネコの方は今のところ入りませんが、このネコは猫ちぐらがすっかり気に入ったようで、一晩この中で過ごしました。いつもはコタツの中で寝ているのに、猫ちぐらの中も温かかったのでしょうか。
 習性で、猫は狭いところ、囲まれたところが好きで、安心するみたいです。





 手間が掛かるので、さらにもう1個は編めないと家内は言っています。横で見ていますが、確かに大変。

↑このページのトップヘ