房総ねこの写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

タグ:RX100


 FUJIFILM X100s WCL-X100でも、傾いているように見えますが、両機でデジタル水準器で水平を取っていますから、両機の水準器が同時に異常でなければ、これでいいようです。私の立ち位置の関係かも。

 デジタル水準器は、もう必須の機能ですね。OLYMPUS PEN Lite E-PL5で省略されているのが非常に残念です。

 


 この寒さですから、梅の開花もなかなか進みません。




 私の友人は、α100でデジタル一眼デビューしてから、ずーっとSONYを使い続けてきたのだが、α700からNikonへ鞍替えしてしまった。彼はOVF派で、SONYの一眼レフ機がことごとくEVFになってしまったからなのだが、その気持ちはよくわかる。フラッグシップ機まで、ミノルタから受け継いだ非常に優れた光学ファインダーを捨て、すべてがEVFとなってしまい、まあSONYらしいといえばSONYらしいのだが、α900のすばらしいファインダーは捨てるに惜しい。

 とはいえ、私の方は、NikonからCanonへ戻り、普段使いのカメラはSONY機が多くなってきた。SONYの画づくりは、結構好みであるのと、特に人物を撮ると、なかなかよい発色。解像感もすばらしい。
 特にツボにはまったのがCyberShot DSC-RX100で、すばらしい描写だ。GR DIGITALに、はまっていたときと同じような感覚であるが、1インチセンサー、Carl Zeiss Vairo-Sonnar T* 28-100mm F1.8-4.9が描き出す画は、コンパクト機とは思えないレベルである。




 蔵王温泉街は相変わらずものすごい雪。防塵・防滴のカメラは持ち合わせていないので、今回はRX100のみで撮影。雪では、傘も役には立たないので、こういうときは、やはり防塵・防滴のカメラ、レンズが欲しくなりますね。
 蔵王温泉での食のお目当ての一つは、「ラ・フランス ソフト」。




↑このページのトップヘ