Camekichi 写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

タグ:VR

やはりD7200はすごい!
 最近、軽量コンパクトなD5500を使っているのですが、D7200からD5500に持ち替えると、当たり前ですけど、D7200の凄さが身にしみます。何が違うって…AFですね。この差は如何ともしがたいです。

 D5500が悪いわけではなく、D7200が優秀なのです。D7200を触ってしまうと、D5500がかなり見劣りしてしまうのです。D5500は、何だかピンが甘いなぁ…とか、あれっというところで外す…ということが正直あります。簡単に言うと、AFの癖はD7000に近いものがあります。私がかつて悩まされた、あのAFですね。
 D7200のような圧倒的な信頼感はありません。ただ、D5500だけを使っていれば、こんなもんでしょう…と納得してしまうレベルで、逆に差がなければ、D7200の存在感が薄れてしまいますから、これは致し方ないところです。D5500は、モノコックボディーによる、軽量コンパクトなモデルで、それと引き換えに、AFがD7200よりは劣る…ということですね。

沈胴式は成功
 サイズは単焦点レンズですね。ミラーレス機の影響もあってか、ここ数年、小型なレフ機が一大ブーム。キヤノンでいうと、驚異的なダウンサイジングに成功した EOS Kiss X7。Nikonだと、モノコックボディーによるD5500。

 ボディーだけ小さくしても、レンズが大きければ意味がないので、各社、小型で高性能なレンズの開発も進んでいます。キヤノンではパンケーキレンズで、Nikonでは、ズームの沈胴式化。両者とも、市場で大成功を収めているのではないでしょうか。写りが犠牲になっているということもないですし。プラスチックマウントのレンズですけど、性能はかなりまともです。

 ちなみにKiss X7の後継機 Kiss X8は、さらなる小型化を図ったとか噂を聞きますが、果たしてどんなカメラに仕上がって出てくるのでしょう。小さくなっても、しっかりグリップできることもは大事なので、D5500のような方向性は好きです。そういう意味では、私は、CanonならKiss X7よりも8000Dの方が好みですね。

獅子舞
 九十九里町の関万歳(せきまんざい)というお祭りに行ってきました。20年前には九十九里町に住んでいたので、その時以来、ほぼ毎年行きますが、極めてローカルなお祭りです。



 もち投げも行われました。私は一つも取れず…( ̄◇ ̄;)。





古山閣
 今回御世話になった旅館です。




さよなら銀山温泉
 朝の街並み





















帰りの新幹線
 帰りの新幹線の指定席がグリーン車も含めて全滅でしたので、自由席で帰ってきました。2時間半ほど並びました┐(´~`)┌ ヤレヤレ。
 E3系2000番台の新塗装。塗装が変わると雰囲気が変わって、なかなかかっこいいです。



↑このページのトップヘ