房総ねこの写真館

Camekichiが、日常を何気なく撮った写真を載せた日記代わりのブログです。つたない写真ばかりで恐縮ですが、カメラやレンズ名をタグ付けし、Flickr上にオリジナル写真もリンク付けしてありますので、何かの参考になれば幸いです。

タグ:XF35mm


 FUJIFILM XF 35mm F1.4 Rは、XFレンズの中でも神レベルの単玉で、このレンズを使うためだけに、Xシリーズのボディーを手に入れるのも十分に「あり」です。何でもない風景でも、画になってしまう、ボケの美しさと、開放からキレキレのピント面。この立体感のすばらしさは、筆舌に尽くしがたいレベルにあります。
 これも、FUJIFILMの卓越した画像処理技術との合わせ技で、FUJIFILMの発色あってのレンズですが、このレンズを使ってしまうと、正直、もうズームを使う気がなくなってしまいます。
 FUJIFILMの弱点はAFだけなので、ここにターゲーットを絞って、研究開発していただければと思います。AFがCanonレベルまで上がれば、すべてを投げ捨てて、FUJIFILMと心中したいです。 


 Canon EOS 5D Mark Ⅲ、FUJIFILM X-Pro1、SIGMA DP1 Merrill、DP2 Merrillを携え、毎年訪れている大多喜お城まつりに参戦。
 正直、X-Pro1は、思ったよりもAFが遅く、人の動きについていけないので辛かったです。何しろDP Merrillの方が速いくらいですから。お祭りのスナップは、一眼レフか、ノンレフレックスなら高速AFでないと難しいですね。腕のある方なら、X-Pro1で何でも撮ってしまうのでしょうけど、私のような素人には無理です。ということで、今回はX-Pro1の出番はほとんどありませんでした。





 昔の人はよく言ったものですね…暑さ寒さも彼岸まで。確かに、涼しくなりました。



 新ファームウェア2.0で、X-Pro1のAFは、どれほど速くなったのか…こればかりは、数値で表してもピンと来ないし、動画でピントが合う様子を撮影するのも面倒なので、感覚的なものになってしまいますが、今まで私が使ってきたカメラの比較で言うと、SONY α NEX-5N程度だと思います。最新のマイクロフォーサーズ機にPanasonic G20mm F1.7を付けた感じと言ってもいいかもしれません。

 つまり、最新のマイクロフォーサーズ機で、最新の標準ズームを付けたときのスピードには及びません。ただ、11月に発売になるXF18-55mm F2.8-4 R LM OIS を付ければ、もっと速くなるのではないかと思います。AFスピードは、ボディーだけではなく、レンズに寄るところも大きいので、これから出てくるレンズに期待しましょう。

 逆に言うと、従来の単焦点のXFレンズで、これだけスピードが出せれば、まずまずなのではないかと思います。FUJIFILMも頑張ったと思います。スポーツなどを撮るのには厳しいですけど、スナップには、使いやすくなったと感じます。

↑このページのトップヘ